計器組立工

計器組立工の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

計器組立工を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「通信工学、情報工学、機械工学」などの学科を卒業
Step.3
電気・機械・器具製造メーカーなどに就職

計器組立工を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
43 ~ 60

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

計器組立工ってどんな仕事?

計器組立工は、水道やガスメーターなどの温度計の機械部品を組み立てる仕事です。
金属や合成樹脂の加工や調整を行い製品化して、品質検査と出荷までの一連の流れをします。
一般家庭用のものや企業のもの、大型のものまでさまざまあります。計器の種類は多いが、進む流れはほとんど変わりません。

他にも納品した機械を設置する際に分解や組み立てなどもします。長時間の作業でも根気よく仕事ができる方が向いている仕事で、細かい作業ができる集中力も必要になります。
プラモデルや模型が好きな方や組み立てをするのが得意な方におすすめです。電気や機械の知識は仕事で必須になります。
男性が多いですが最近では女性が働くことも増えています。

おすすめの大学(学部)

通信工学、情報工学、機械工学、電子工学、材料工学、金属工学、航空・船舶・自動車工学 …など

通信工学や情報学、機械工学が学べる専門学校や大学に進学してから電気・機械・器具製造メーカーに就職するのが一般的です。
1人で作業する場合もありますが、チームで働くこともあるのでコミュニケーション能力もあると良いです。

計器組立工の給料・年収は?

計器組立工の年収は、約300万円が一般的です。仕事をしていき経験を積んでいくとさらに給与は上がります。

就職条件もそこまで激務ではないので、プライベートの時間もしっかりとあります。
ただ、残業があまりないと給与も増えないので働き方を考える必要もあります。

計器組立工の試験・資格は?

とくに必要な資格はありません。だれでも計器組立工になれますが、手先の器用さや根気が求められます。
仕上げ技能士、電気機器組立て技能士、家電製品エンジニア、自転車技士という資格が求められる職場もあります。この資格を勉強しておくと仕事で役立つ可能性があります。

計器組立工の有名人・著名人

計器組立工の有名人や著名人は、一般的にあまり知られないですが業界内では知名度のある人物は多いものと考えられます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の機械・化学の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.