化学系研究・技術者

化学系研究・技術者の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

化学系研究・技術者を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「材料工学、金属工学、応用科学」などの学科を卒業
Step.3
化学工学修習士、化学工学技士、上席化学工学技士、化学工学技士(基礎)などの資格を取得
Step.4
医薬品・化粧品メーカー、化学メーカー、化学設備メーカーなどに就職

化学系研究・技術者を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
53 ~ 70

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

化学系研究・技術者ってどんな仕事?

化学系研究・技術者は、化学製品の開発や製造をする技術職です。
合成繊維やケミカル、医学品、化粧品など生活に必要な製品の研究や開発、製造から品質管理まで仕事は多く、プロジェクトごとにチームで働くことが多くあるためコミニュニケーション能力が必要です。

医薬品メーカーや化粧品メーカー以外にも多くの企業が携わっています。
化学に興味があり、チームで働く協調力が必要になります。
バイオテクノロジーやエレクトロニクスなどにも関わることが多いので、ほかの分野の知識があれば役に立ちます。

新しいことを覚えたり挑戦する力を学び技術の向上を考えられる方が向いている職種です。
材料工学、金属工学、応用科学を学べる大学や大学院に進学する方が多いです。

おすすめの大学(学部)

材料工学、金属工学、応用化学、化学、応用理学、環境学、環境工学、環境情報学、鉱山学、林学・林産学、農芸化学、生物工学、生物資源学、生物生産学、薬学、生命科学、栄養学、食物学 …など

研究者に就職する場合は、狭き門なので常に勉強に専念して進学すると良いです。

化学系研究・技術者の給料・年収は?

化学系研究・技術者の年収は、300万円~600万円が一般的です。大学教員としての研究も行えます。
業界が幅広くあり、化学、繊維、プラスチック、ガラスなど現在はさらに増えています。
公務員試験に合格して公務員を目指すこともできます。
研究したないようを書籍にしたり、講演会などをするとさらに年収は上がります。海外で活躍する方もいます。

化学系研究・技術者の試験・資格は?

とくに必要な資格はありませんが、化学工学修習士、化学工学技士、上席化学工学技士、化学工学技士(基礎)を取得すると就職に有利になります。
国家公務員採用試験で化学系分野に合格すると公務員として研究・技術者になれます。公務員だと安定した収入が手に入ります。

化学系研究・技術者の有名人・著名人

化学系研究・技術者の有名人や著名人は、一般的にあまり知られないですが業界内では知名度のある人物は多いものと考えられます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の機械・化学の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.