エンバーマー

エンバーマーの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

エンバーマーを目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「医学、生物学、哲学」などの学科を卒業
Step.3
エンバーマーライセンス資格を取得
Step.4
大手葬儀社、納棺専門会社、冠婚葬祭互助会などに就職

エンバーマーを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
51 ~ 72

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

エンバーマーってどんな仕事?

エンバーマーは、遺体衛生保全をする仕事です。
遺体の消毒や防腐措置、修復から化粧など医学と科学の知識を必要としています。

また、エンバーミングをすると遺体が防腐せずに保存ができるため、専門の資格も必要になります。

  • 顔の処置
  • 血管の防腐
  • 傷口縫合や遺体の洗浄
  • 切開

上記のような実務的なことを学ぶ必要があるため、医学、生物学、哲学などの専門学校や大学に進学するのが良いです。

おすすめの大学(学部)

医学、生物学、哲学 …など

専門学校では、設備環境も良く幅広い知識やスキルを習得できます。
受験難易度も高く、塾や家庭教師を利用して受験勉強に励みましょう。

今後の需要もあり就職先には葬儀会社が多く、エンバーミングを行える会社は限られています。

エンバーマーの給料・年収は?

エンバーマーの給与は、15万円~30万円が一般的です。
年収は、300万円~500万円のところもあり手当の出る場合だと高くなります。

エンバーミングをすると葬儀費用が上がり、まだ日本ではあまり多く行われていない現状もあります。
そのため、エンバーマーとしての仕事よりも葬儀の設営や清掃などの業務をする場合も多くあります。

海外だと一般的なので、国外で働くことで給与の上昇につながります。

エンバーマーの試験・資格は?

IFSA(一般社団法人日本遺体衛生保全協会)のエンバーマーライセンス資格試験を取得すると知識や技術の証明になり、就職が有利になります。
養成学校は、神奈川県、大阪府、福岡県の3つしかありません。エンバーマーとして就職するなら入学するのも良いです。

エンバーマーの有名人・著名人

エンバーマーの有名人や著名人は、一般的にあまり知られないですが業界内では知名度のある人物は多いものと考えられます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の冠婚葬祭の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.