離婚カウンセラー

離婚カウンセラーの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

離婚カウンセラーを目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「法学、コミュニケーション学、心理学」などの学科を卒業
Step.3
カウンセリング協会、女性支援センター、弁護士事務所などに就職

離婚カウンセラーを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
50 ~ 60

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

離婚カウンセラーってどんな仕事?

離婚カウンセラーは、離婚に対するトラブルやリスクを考えるアドバイザーです。
離婚をするときは財産、慰謝料、親権などの資産問題がありますので、相談者に対して適切に法律知識に基づいて判断しないといけません。
冷静的に状況判断や分析力、法律などの知識や相談者の心理状態のケアもします。

離婚カウンセラーになる場合は、法律事務所で働きながら経験を積む必要があります。
法学を学べる大学に通い、大学院に進学して弁護士試験を目指す方が多く、勉強のレベルが高いので、早めのうちに塾に通うのもおすすめです。

おすすめの大学(学部)

法学、コミュニケーション学、心理学 …など

離婚カウンセラーの給料・年収は?

離婚カウンセラーとして働く場合は、学校を卒業後に法律事務所などで働き独立をします。
そのため独立したての場合は、収入がない可能性もあり、逆に高額な報酬になる場合もあります。そのため年収が不明です。

一般的な法律事務所で働く場合は、300~1,000万円とかなりの差があります。

離婚カウンセラーの試験・資格は?

離婚カウンセラーとして独立して働く場合には、弁護士試験を取る方が多いです。
受験資格は、法科大学院で学ぶ、司法試験に合格する、現場で働きながら研修を受ける必要があります。
法学を学べる大学に通い受験する方が多いですが、資格難易度は高く合格率も少ないです。
学歴の受験資格がないので高卒でも取得が可能ですが、独学だとかなり難しいです。
夫婦カウンセラー資格という検定もあり、カリキュラムを受講して試験に合格するものもあります。

離婚カウンセラーの有名人・著名人

離婚カウンセラーの有名人や著名人は、一般的にあまり知られないですが業界内では知名度のある人物は多いものと考えられます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の冠婚葬祭の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.