ブライダルメイクアップアーティスト

ブライダルメイクアップアーティストの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

ブライダルメイクアップアーティストを目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「美容」などの学科を卒業
Step.3
ホテル、結婚式場などに就職
Step.4
必須の資格はないが必要に応じて取得

ブライダルメイクアップアーティストを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
44 ~ 45

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

ブライダルメイクアップアーティストってどんな仕事?

ブライダルメイクアップアーティストは、結婚式当日に新郎新婦のヘアメイクを担当する美容担当スタッフ、美のスペシャリストのことをいい、美容師免許を持った技術者のみができるお仕事です。
活躍の場はさまざまあり、結婚式場や、ホテル、レストラン、神社など、様々なウエディングスタイルに合ったヘアメイクへ対応できるよう、高い技術力が必要となります。
新郎新婦の他に、ゲストのヘアメイクも担当をすることもあります。

おすすめの大学(学部)

美容 …など

ブライダルメイクアップアーティストになるためには、専門学校や大学で上記のような学科で学ぶと良いでしょう。

ブライダルメイクアップアーティストの給料・年収は?

ブライダルメイクアップアーティストの収入は、年収280万円~490万円程度とりますが、役職につき責任ある仕事を任されるようになると徐々に給料が上がり、店舗のマネジメントやスタッフの育成など人材教育に携わるような管理職に昇格すれば、職責に見合ったかたちで報酬がアップしていきます。
ブライダルメイクアップアーティストとして人気があり、講師を務めるようになるとさらに報酬アップが期待できます。

ブライダルメイクアップアーティストの試験・資格は?

ブライダルメイクアップアーティストのなかでも、ヘアセットも担当する場合は、国家資格の「美容師」免許が必要となります。
必須資格ではありませんが、一般社団法人JMAが行う「日本メイクアップ技術検定」などの民間資格も、へアメイクの知見を広める上で役に立ちます。

ブライダルメイクアップアーティストの有名人・著名人

ブライダルメイクアップアーティストの有名人は、植村秀(うえむらしゅう)/シュウ ウエムラさん、計良宏文(けらひろふみ)さん、藤原美智子(ふじわらみちこ)さん、MOTOKO.さん、IKKO.さんがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の冠婚葬祭の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.