ブライダル司会者

ブライダル司会者の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

ブライダル司会者を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「コミュニケーション学、教養学」などの学科を卒業
Step.3
業務委託会社に就職・登録(ホテル、結婚式場などに派遣)
Step.4
必須の資格はないが必要に応じて取得

ブライダル司会者を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
50 ~ 58

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

ブライダル司会者ってどんな仕事?

ブライダル司会者は、結婚式や披露宴などでの進行をする仕事です。
結婚式の用意や演出などをコーディネーターや新郎新婦と話し合い、どのような形にするのかを考え打ち合わせをします。
円滑に式が進むように式場全体とのチームワークも必要になり、人と連携して仕事をします。

急なハプニングでも対応できる臨機応変や周りに対する気配りなど、常に気を付ける必要があります。
司会としての活舌や話し方も重要で、聞き取りやすい発音ができないといけません。

ナレーターの仕事と兼業する方やフリーとして活躍する方もいます。
専門学校や大学、養成講座を受けることで就職ができるのでコミニュニケーション学や教養学を学ぶのが良いです。

おすすめの大学(学部)

コミュニケーション学、教養学 …など

ブライダル司会者の給料・年収は?

ブライダル司会者は、業務委託が多く1回あたり1万円~10万円となっています。
そのためほかの仕事を兼業する方も多くいます。

フリーとして活躍する方も多くいますが、安定した収入を稼ぐのは大変で、式典により給与の変動もあります。
事業所に登録して働く方もいます。この場合でも1回あたり1万円~10万円となっています。

ブライダル司会者の試験・資格は?

資格はとくに必要ありませんが、アナウンス検定ブライダル司会養成講座といった資格取得を目指す人もいます。
業界の専門知識やコミニュニケーション能力が必要です。
実務試験を実施する会社が多いので、臨機応変力が必要です。

ブライダル司会者の有名人・著名人

松並 健治、滝水 瞳、豊島 ゆり、グレッグ・アーウィン、高須 なつき、佐野 いくみ

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の冠婚葬祭の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.