装丁家(ブックデザイナー)

装丁家(ブックデザイナー)の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

装丁家(ブックデザイナー)を目指すための主な進路

装丁家(ブックデザイナー)
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「文芸学、デザイン、美術」などの学科を卒業
Step.3
出版社やデザイン事務所に就職
Step.4
必要に応じて、パソコンのデザインに関する資格やDTPなどを取得

装丁家(ブックデザイナー)を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
55 ~ 60

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

装丁家(ブックデザイナー)ってどんな仕事?

装丁家(ブックデザイナー)は、本の表紙やカバーのデザインを作る仕事です。
編集者や著者から依頼されてイメージがあうように考えていき、コスト、技術、時間などを考えて試作品を何度も作りより良い作品作りを目指しています。

本の書体や組み方、大きさなどを考えてイラストやデザインし、読む人のことを考えてデザインをするので、美的センスやデザイン能力が必要になりますが、当然ながら本が好きな人やデザインに興味がある人に向いている仕事です。

おすすめの大学(学部)

文芸学、デザイン、美術 …など

文芸学、デザイン、美術を学べる学校に進学して出版社やデザイン事務所に就職したり、弟子入りやフリーランスで働くこともできます。
書籍のデザインや編集知識は覚えていき、読書は多くすると良いです。

あまり求人数がないため装丁家として就職が難しく、初めはデザイン会社で経験を積み、デザインのコンペや公募に応募して専業になる人もいます。

装丁家(ブックデザイナー)の給料・年収は?

初任給は、20万円です。
平均年収は、300万円~400万円です。
一般的に比べると給与が少し少ないので、兼業をしている人もいます。
フリーランスだと1冊で数万円などで発注される事が多いです。そのため仕事が多ければ給与が高くなります。

装丁家(ブックデザイナー)の試験・資格は?

とくに必須の資格はありません。
自分の作品集(ポートフォリオ)を作れば就職の時にアピールができます。
パソコンデザインをするのでイラストレーターやフォトショップ、DTPなどの資格を取ると就職に有利になります。

装丁家(ブックデザイナー)の有名人・著名人

青山二郎、秋山道男、久住昌之、 塚本やすし、名久井直子

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の出版・アニメの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.