DTP・印刷に携わる職業

DTP・印刷に携わる職業の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

DTP・印刷に携わる職業を目指すための主な進路

DTP・印刷に携わる職業
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「マスコミ学、画像・音響工学、メディア学、デザイン、写真」などの学科を卒業
Step.3
出版社や編集プロダクション、印刷会社などに就職
Step.4
必要に応じて、クリエイター能力認定試験、Photoshopクリエイター能力認定試験、DTPエキスパート認証試験、DTP検定、色彩検定などを取得

DTP・印刷に携わる職業を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
42 ~ 48

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

DTP・印刷のお仕事ってどんな仕事?

DTPでは、紙媒体の印刷物をデザインしたり、製版データを作成する仕事です。

パンフレットや雑誌などをデザインする仕事が多く、イラストレーターやフォトショップを使用します。
実際に印刷したときの色のチェックやレイアウトなどの細かい作業、デザインセンスも求められています。
修正作業も多くあり、正確性やスピードも求められます。
ディレクターだと製作スタッフをまとめてクライアントの要望に合うものを作ります。

DTPデザイナーとして就業してディレクターにキャリアアップしたりすることもできます。

おすすめの大学(学部)

マスコミ学、画像・音響工学、メディア学、デザイン、写真 …など

デザイン、写真、映像、メディア学を学べる学校に進学して、出版社や編集プロダクション、印刷会社などに就職ができます。就職後に独立する方もいます。
未経験でも就職できますが、DTPソフトの操作ができる必要があるので、学校で学ぶのが良いです。

DTP・印刷のお仕事の給料・年収は?

初任給は、20万円です。平均年収は、300万円~400万円です。
正社員、アルバイト、派遣、独立など働き方が選べます。独立して働ければさらに給与は高くなります。

DTP・印刷のお仕事の試験・資格は?

とくに必須の資格は必要ありませんが、取得すれば就職に有利になるものがあります。
Illustratorクリエイター能力認定試験、Photoshopクリエイター能力認定試験、DTPエキスパート認証試験、DTP検定、色彩検定などを取得すればスキルがあると見られます。

DTP・印刷のお仕事の有名人・著名人

DTP・印刷のお仕事の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが業界内で知名度のある人物は多いかと存じます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の出版・アニメの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.