競馬に携わる職業

競馬に携わる職業の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

競馬に携わる職業を目指すための主な進路

競馬に携わる職業
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「コミュニケーション学、獣医学、動物看護学」などの学科を卒業
Step.3
JRAやNARなどに入社。または職種によっては資格を取得

競馬に携わる職業を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
48 ~ 49

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

競馬のお仕事ってどんな仕事?

競馬のお仕事には、競走馬に乗る騎手のほか、馬を手懐ける調教師、馬の世話をする厩務員や、馬具を競走馬に取り付ける装蹄師、馬を引き連れる誘導馬騎士、馬の乗り方を教える乗馬インストラクター、騎手がレースで使用する鞍などを準備するバレット、競走馬をトレセンから競馬場や牧場まで運ぶドライバー、など多彩な職種があります。

北海道の帯広市には「ばんえい競馬」という世界に唯一の競馬場があり、通常のサラブレッドよりも体格の良い「ばん馬」による迫力ある競争が行われています。

世間が休みとなる祝日などは競馬開催日になるため、 一般的な企業と比べると休日は少ないようです。

おすすめの大学(学部)

コミュニケーション学、獣医学、動物看護学 …など

競馬のお仕事の給料・年収は?

競馬のお仕事の平均年収は800万円台で、比較的高年収の仕事となっています。JRAはみなし公務員、地方競馬は地方公務員としての年収になります。騎手の年収は成績次第の実力勝負です。

競馬のお仕事の試験・資格は?

競馬のお仕事をするには、主に土日に開催される中央競馬を主催している企業(通称JRA)や、地方競馬に関わる場合は地方競馬全国協会(通称NAR)に入ることになります。
その他の仕事は資格が必要になるものが多いです。

騎手になるには基本的にはJRA競馬学校を卒業しないといけません。
調教師になるにはJRAかNARの行う試験を受けて「調教師免許」を取得する必要があります。
試験科目は競馬と労働関係の法規、調教に関する専門知識、馬や競馬に関する専門知識の3科目などです。

また、乗馬インストラクターになるには乗馬経験と受験前に講習会の受講が義務づけられています。

競馬のお仕事の有名人・著名人

競馬のお仕事の有名人・著名人としては、騎手としては武豊氏、調教師としては矢作芳人氏が有名です。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の生き物の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.