消防官

消防官の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

消防官を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「保健衛生学、体育学、スポーツ学」などの学科を卒業
Step.3
消防官採用試験に合格
Step.4
全国各地の消防本部や消防署にて勤務

消防官を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
50 ~ 57

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

消防官ってどんな仕事?

消防官は、人々の貴重な生命や財産を守るために大きな役割を果たす消防組織の一員として働くのが仕事です。
火災の消火だけでなく、風水災害や地震などの時にも、人命救助や二次災害の防止のために出動します。

そのほか、救急業務や救急技術の普及業務、地域住民の防火・防災意識を高めるための活動、火災を予防する立入検査など、業務は多岐にわたり、防災にかかわるあらゆる分野に及びます。
さらに日ごろから災害を想定した訓練も行っています。

関連する職業としては、レスキュー隊員などがあります。

おすすめの大学(学部)

保健衛生学、体育学、スポーツ学 …など

消防官になるためには、大学や短期大学で、保健衛生学、体育学、スポーツ学を学ぶのがおすすめです。

消防官の給料・年収は?

消防官は消防士の年収の平均は、約720万円程度で、民間企業と比較すると非常に高いと言えます。
消防官は公務員であり、給与は自治体ごとの条例によって定められています。
2019年度東京都にて大卒の消防官採用の初任給は25万2100円でした。

消防官の試験・資格は?

消防官になるためには、各自治体の消防官採用試験に合格しなければなりません。
受験資格として身長、体重、視力などが定められていることも多いため、特に身長などは早めにチェックしておくとよいでしょう。
また、「救急救命士」の資格を持っていると、救急車に乗り傷病者に応急処置を施すことができます。
救命のプロフェッショナルとして活躍するためには、取得をぜひ検討したい資格です。

消防官の有名人・著名人

消防官の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物は多いようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の公務員の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.