山岳救助隊員

山岳救助隊員の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

山岳救助隊員を目指すための主な進路

山岳救助隊員
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「地理学、コミュニケーション学、体育学、林学、林産学」などの学科を卒業
Step.3
消防官採用試験か警察官採用試験に合格し、消防署や消防本部に配属
Step.4
自推や辞令によって山岳救助隊員として活躍

山岳救助隊員を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
40 ~ 46

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

山岳救助隊員ってどんな仕事?

山岳救助隊員は、登山中に遭難した人を探索や救助をする仕事です。
消防署管轄組織に所属するため消防官採用試験に合格する必要があります。

全国各地の消防署や消防本部に配属されて登山中の危険箇所を探したり、入山管理、火山事故防止活動、救助トレーニングをします。
遭難者が出た場合は、警察や自衛隊と協力して救助活動をします。水難事故の救出や動物の保護など仕事内容は幅広いです。

天候によっても左右され、一刻を争う事態でも冷静に判断して対処できる力が必要です。
チームと連携を取れるコミュニケーションや協調性も求められます。
体力も必要で、かなりきついトレーニングに耐えられる精神力も必要です。

おすすめの大学(学部)

地理学、コミュニケーション学、体育学、林学、林産学 …など

地理学、体育、林学などを学べる学校に進学して、消防官採用試験か警察官採用試験に合格して、自推や辞令によって山岳救助隊員になれます。
試験には年齢制限もあるので受験に向けて早めに準備するのが良いです。

山岳救助隊員の給料・年収は?

初任給は、20万円です。平均年収は、600万円800万円です。
公務員なので給与は年齢や経験により決まっています。

山岳救助隊員の試験・資格は?

自治体により募集人数は異なります。
消防官採用試験と警察官採用試験では、大学程度の学力がある22歳以上30歳未満と大卒以外で17歳以上30歳未満が受験資格になります。

身体条件もクリアする必要があります。
筆記試験では一般知識や小論文、体力試験、面接などがあります。
必須の資格はありませんが、一部上位の資格や経験があると受験のアピールになります。

山岳救助隊員の有名人・著名人

山岳救助隊員の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが業界内で知名度のある人物は多いかと存じます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の公務員の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.