食空間コーディネーター

食空間コーディネーターの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

食空間コーディネーターを目指すための主な進路

食空間コーディネーター
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「食物、美術、デザイン、インテリア」などの学科を卒業
Step.3
「食空間コーディネーター」の資格を取得
Step.4
インテリアショップ、ホテル、ショールームなどに就職
Step.5
必要に応じて最高レベルとなる「認定講師」の資格を得て活躍

食空間コーディネーターを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
43 ~ 48

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

食空間コーディネーターってどんな仕事?

食空間クリエーターとは、食器や花などを組み合わせて、テーブル回りを演出する仕事をする人のことを指します。
主にホテルやレストラン、住宅・インテリア・テーブルウエア関連のショールームやショップなどで活躍しています。
また、テレビや雑誌の撮影現場でテーブルのコーディネートをする人もいます。テーブルコーディネートテクニックやセンスはもちろん、テーブルマナーや歳時記などの知識も身に付ける必要があります。

おすすめの大学(学部)

食物、美術、デザイン、インテリア …など

食空間クリエーターになるためには、大学や短大、専門学校で、上記のような学科に通って学ぶのがおすすめです。

食空間コーディネーターの給料・年収は?

食空間クリエーターの平均年収についてはほとんど情報がなく、不明ですが、似た職種であるフードコーディネーターの年収を挙げると、その平均年収は300万円~600万円程度と言われています。どちらもフリーランスとして活動する人が多いため、このように平均年収には幅が出ると予想されます。

資格を所持してホテルやレストラン、料理教室に社員として勤務する場合は、それぞれの給与体系に準じることになります。

食空間コーディネーターの試験・資格は?

「食空間コーディネーター」という民間資格の取得をすると、有資格者として働くことができます。
この資格は、食空間プロデュースの意義を広め、また食空間コーディネートの知識・技術の専門性を高めることを目的として、食空間コーディネーター協会によって設立された民間資格です。

内容としては、「テーブルコーディネート」や「色彩」、「料理」、「卓育」などで構成され、1級~3級の3段階のレベルに分けられています。最上級レベルの「認定講師」の資格保有者は全国に数人と、非常にレベルが高いものになります。

食空間コーディネーターの有名人・著名人

食空間クリエーターの有名人は、保田圭さん、和田よう子さんなどがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の食・栄養の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.