食品系研究・技術者

食品系研究・技術者の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

食品系研究・技術者を目指すための主な進路

食品系研究・技術者
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「栄養学、食物学、調理学、宗教学、応用理学、応用化学、畜産学、生物学、農学」などの学科を卒業
Step.3
必要に応じて栄養士、管理栄養士などの資格を取得
Step.4
食品メーカーなどに就職

食品系研究・技術者を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
45 ~ 60

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

食品系研究・技術者ってどんな仕事?

食品系研究・技術者は、食品やその加工技術に関する研究・開発を行う人のことを指します。食品やその栄養、農学、水産学、化学など、さまざまな観点から「食」に関する研究を主に食品メーカーや食品関連の研究所行います。
代表的な仕事としては、新商品の開発があげられます。栄養面や技術、コストなどを加味しながら、様々なニーズ・コンセプトを想定した新商品を開発します。

また、食品系の研究・技術者は、新商品の開発以外にも、技術開発や品質管理、技術指導も行い、時にはバイオなどの高度な技術を用いることもあります。専門性は非常に高く、やりがいのある仕事と言えるでしょう。

おすすめの大学(学部)

栄養学、食物学、調理学、宗教学、応用理学、応用化学、畜産学、生物学、農学 …など

食品系研究・技術者になるためには、大学で、上記のような学科に通って学ぶのがおすすめです。

食品系研究・技術者の給料・年収は?

食品系の研究・技術者の年収は、550万円~600万円程度で、日本人全体の平均年収の400万円代と比べると給与水準は高めであると言えるでしょう。この年収は勤める企業の規模や勤続年数によって異なるため、大企業の技術職であれば、年収1,000万円を得ることもある反面、小規模な企業での勤務の場合、その年収は平均を切る可能性もあります。とはいえ、専門職種である研究・技術者は、それぞれの企業の中でも高所得にあたるのではと考えられます。

食品系研究・技術者の試験・資格は?

食品系研究・技術者になるためには特に必要な資格はありません。しかしながら、研究職ということで、かなり高度な専門知識が要求されますので、進学先には、食物・栄養学、農学、化学、工学系の学科で、食品化学・工業化学などの専門知識を学ぶ必要があります。
持っていると有利な資格としては、栄養士、管理栄養士の資格があげられます。消費者目線で商品開発やメニュー開発をする際、栄養面からの分析・研究に役に立つようです。

食品系研究・技術者の有名人・著名人

食品系研究・技術者の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物はいらっしゃるかと思われます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の食・栄養の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.