クッキングアドバイザー

クッキングアドバイザーの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

クッキングアドバイザーを目指すための主な進路

クッキングアドバイザー
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「食物学、調理学、栄養学」などの学科を卒業
Step.3
必要に応じて調理師免許など取得
Step.4
調理家電メーカー、調理器具メーカー、食品メーカー、調理器具メーカーなどに就職。またはフリーランスとして企業から委託。

クッキングアドバイザーを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
42 ~ 46

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

クッキングアドバイザーってどんな仕事?

クッキングアドバイザーは、食品メーカーが売り出す製品などを、調理方法を実演したり、消費者に食べ方のポイントを伝えたりすることで、効果的にPRすることが主な仕事です。
調理家電メーカーや調理器具メーカー、食品メーカー、調理器具メーカー、スーパーマーケットに勤務して社員として働く人もいれば、フリーとして企業からの依頼を受け仕事をする人もいます。

直接消費者に製品の使い方をアドバイスすることは、自社製品の販売促進のためで、企業は常に自社イメージの向上に努めているので、製品の魅力を消費者に直接伝えるクッキングアドバイザーは貴重な存在となります。
また、フリーのクッキングアドバイザーの場合は、料理教室やカルチャースクールの講師、料理本の執筆などその仕事は多岐にわたります。

おすすめの大学(学部)

食物学、調理学、栄養学 …など

クッキングアドバイザーになるためには、大学や短大、専門学校にて、食物学、調理学、栄養学を学ぶのがおすすめです。
関わる職業としては、ローフード・リビングフードインストラクター、料理研究家などがあります。

クッキングアドバイザーの給料・年収は?

クッキングアドバイザーは、会社員からフリーランスまで働き方はさまざまで、収入は個人差が激しい世界です。
年収は約500万円~600万円ほどといわれていますが、フリーとなりカルチャースクールで実演したり、本を執筆したりする人もいれば、普通のサラリーマンもいるなど人により収入に差があり、なかなか相場は出せません。

クッキングアドバイザーの試験・資格は?

クッキングアドバイザーになるためには、特別な資格は必要ありませんが、調理を行ったり、栄養バランスの良いレシピを考えたりするなど、料理に関わる仕事なので、関連する専門学校などで学び、「調理師」免許「栄養士」資格を取得しておくと強みとなるでしょう。
厚生労働大臣から調理師や栄養士の養成施設として指定されている専門学校、大学、短大で学び、都道府県知事に免許を申請して資格を取得します。

クッキングアドバイザーの有名人・著名人

クッキングアドバイザーの有名人は、人気ブロガーのみきママさん、桜井奈々さん、山本ゆりさんなど多数います。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の食・栄養の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.