フードスペシャリスト

フードスペシャリストの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

フードスペシャリストを目指すための主な進路

フードスペシャリスト
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「健康科学、栄養学、食物学、調理学、デザイン」などの学科を卒業
Step.3
「フードスペシャリスト論」「食品の官能評価・鑑別論」「食物学に関する科目」などの資格を取得
Step.4
医療福祉・保育介護・食品メーカーや食品関係の小売業や卸売業などに就職

フードスペシャリストを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
42 ~ 55

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

フードスペシャリストってどんな仕事?

フードスペシャリストとは、食の本質を「おいしさ」、「楽しさ」、「おもてなし」に据えて、
大学や短大で「食」に関する総合的・体系的な知識や技術を身につけたうえで、さらに豊かで安全かつバランスのとれた「食」を、消費者に提案できる力を持つ「食」の専門職のことを指します。
フードスペシャリストは、食品の開発製造、流通、販売、外食などを担う食品産業や、食関係の広範な分野での活躍が期待される資格職です。

おすすめの大学(学部)

健康科学、栄養学、食物学、調理学、デザイン …など

フードスペシャリストになるためには、大学や短大、専門学校で、上記のような学科に通って学ぶのがおすすめです。
関わる職業としては、フードスタイリスト、フードコーディネーター、フードアナリストなどがあります。

フードスペシャリストの給料・年収は?

フードスペシャリストは、栄養士や管理栄養士、調理師などと併用して所持する人がほとんどで、フードスペシャリストのみの求人はほとんど見られません。
他の国家資格に加え、スキルアップや就職時のアピール点としてフードスペシャリストの資格も取得しているようです。
フードスペシャリストの有資格者として多いのが、栄養士や管理栄養士ですが、栄養士の平均月給は約22万円となっています。
この金額に年間賞与が60万円前後支給されるとすれば、平均年収は330万円ほどといえます。

フードスペシャリストの試験・資格は?

フードスペシャリストになるための認定試験を受けるには、認定された学校で、「フードスペシャリスト論」「食品の官能評価・鑑別論」「食物学に関する科目」といった、特定の学科の単位を取得して卒業しなければなりません。必要な最低単位数を取得してはじめて、受験資格が得られるため、決して短期間で取得できる資格ではありませんが、受験資格を得られれば、合格率は8割と高く、試験会場も全国どこでも受験できるので、比較的容易に取得できると言えます。

フードスペシャリストの有名人・著名人

フードスペシャリストの有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物はいらっしゃるかと思われます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の食・栄養の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.