シェフ・調理師

シェフ・調理師の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

シェフ・調理師を目指すための主な進路

シェフ・調理師
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「食物学、調理学、栄養学」などの学科を卒業
Step.3
調理師免許を取得
Step.4
飲食店、ホテル、旅館、企業、病院、官公庁の食堂など。または独立開業。

シェフ・調理師を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
42 ~ 46

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

シェフ・調理師ってどんな仕事?

シェフ・調理師は、飲食店をはじめとするさまざまな施設で、料理をつくる仕事している人です。
フレンチ、イタリアン、中華、和食などのジャンルの調理師に分けられます。仕事場は飲食店だけにとどまらず、ホテル・旅館、学校や企業・官公庁の食堂や病院など多岐にわたります。近年、食材の品質に気を配ることや、衛生管理に細心の注意を払うことが求められるようになり、大きな責任を伴いますが、とてもやりがいを得られる仕事でもあります。

おすすめの大学(学部)

食物学、調理学、栄養学 …など

シェフ・調理師になるためには、大学や短大、専門学校にて、食物学、調理学、栄養学を学ぶのがおすすめです。
関わる職業としては、和菓子職人、製菓衛生師、パン職人、パティシエ、ショコラティエ、醤油職人、塩作り職人、味噌職人、日本料理人、豆腐職人、寿司職人、屋台料理人、ふぐ調理師、そば職人、ケータリング料理人などがあります。

シェフ・調理師の給料・年収は?

シェフ・調理師の平均年収は、およそ322万円~341万円となっています。
一流ホテルの調理師の料理長のなかには年収が1000万円以上という人もいますが、スタートの年収は約350万円程度からが一般的のようです。
病院で働く病院食の調理師のなかには、調理師免許を持っていてもパートやアルバイト待遇という人が多く、そうすると年収180万円~220万円程度となるようです。

開業独立し自分で店舗を持つ調理師の場合は、店舗の規模や来客数などによって、年収も大きく異なるようです。

シェフ・調理師の試験・資格は?

調理師になるためには、国家資格の調理師免許を取得する必要があります。その上で経験を積んでシェフという役職・肩書を得るのが一般的です。

レストランやホテルによっては調理師資格を求めたり、調理系の専門学校卒業者が採用条件にあるばあいもありますが、熱意があれば、資格・学歴不問で働けることも少なくありません。
シェフは「技術」や「経験」がなにより重視される世界なので、現場でどれだけ知識・技術を発揮できるかで勝負が決まります。

実力主義の厳しい世界ではありますが、別の見方をすれば、誰でも挑戦できる門戸が広い職業といえるでしょう。

シェフ・調理師の有名人・著名人

シェフ・調理師の有名人は、川越達也さん、陳建一さん、道場六三郎さん、佐野実さんなどがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の食・栄養の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.