栄養士

栄養士の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

栄養士を目指すための主な進路

栄養士
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「栄養学、食物学、健康科学、生活科学、家政学、調理学」などの学科を卒業
Step.3
「栄養士」または「管理栄養士」の資格を取得
Step.4
給食会社、学校、保育園・幼稚園、病院、社会福祉施設、介護施設、保健所などに就職

栄養士を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
42 ~ 53

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

栄養士ってどんな仕事?

栄養士は、個人や集団に対して、栄養バランスの取れた献立の作成や、調理方法の助言などを行う専門職のことを指します。栄養士は都道府県が認定する国家資格を取得しなければならず、資格がなければ栄養士と名乗ることはできません。
栄養面から健康な食生活を送られるようにサポートする「アドバイザー」としての役割を持っています。

おすすめの大学(学部)

栄養学、食物学、健康科学、生活科学、家政学、調理学 …など

栄養士になるためには、大学や短大、専門学校にて、栄養学、食物学、健康科学、生活科学、家政学、調理学を学ぶのがおすすめです。
関わる職業としては、管理栄養士があります。

栄養士の給料・年収は?

栄養士の平均年収は、346万円程度となります。
日本国民の所得平均の442万円と比較すると、栄養士はそれよりもやや低めの年収になります。
平均月収は24万円年間ボーナスが57.4万円となっています。栄養士の初任給は19万円程度です。

栄養士の試験・資格は?

「栄養士」になるためには栄養士の国家資格を取得する必要がありますが、試験を受けて取得するわけではありません
栄養士の資格を取得するためには、厚生労働省が指定した昼間部の「栄養士養成施設(大学、短大、専門学校)」を卒業する必要があります。そこで必要な課程を履修すれば、卒業するだけで免許が付与されます。

「管理栄養士」になるには、国家試験を受験して合格しなければなりません。
また、管理栄養士受験資格として、1~3年の実務経験が必要ですが、「管理栄養士養成施設」を卒業すれば実務経験が免除されます。管理栄養士を目指すなら、管理栄養士養成施設への入学を検討すると良いでしょう。

栄養士の有名人・著名人

栄養士の有名人は、尾澤直美さん、加藤遥奈さん、金子ひろみさん、篠原孝子さん、鶴田麻里子さん、羽岡邦男さん、平野美由紀さん、宗像伸子さんなど多数います。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の食・栄養の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.