フラワーデザイナー

フラワーデザイナーの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

フラワーデザイナーを目指すための主な進路

フラワーデザイナー
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「農芸化学、デザイン」などの学科を卒業
Step.3
必要に応じて国家資格のフラワー装飾技能士や、カラーコディネーター検定を取得
Step.4
花屋、ホテル、結婚式場などに就職

フラワーデザイナーを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
42 ~ 45

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

フラワーデザイナーってどんな仕事?

フラワーデザイナーは、花の美しさを活かしつつ、飾る空間や人にふさわしい花をアレンジする職業です。
結婚式にかかわるフラワーデザイナーは、花嫁のブーケや髪飾り、花婿のブートニア、フラワーシャワー、メイン装花からゲストテーブルなど、結婚式の空間や新郎・新婦のニーズに合わせてコーディネートし式を演出します。
空間装飾にかかわるフラワーデザイナーは、パブリックスペースやレストラン・ホテル、式場やテレビ局のスタジオなど、多くの人々の心を和ませるための役割もあります。

おすすめの大学(学部)

農芸化学、デザイン …など

フラワーデザイナーになるためには、大学や短大、専門学校にて、上記のような学科に通って学ぶのがおすすめです。
関わる職業としては、フラワーアレンジメントの先生、華道教授、フローリストなどがあります。

フラワーデザイナーの給料・年収は?

フラワーデザイナーの平均年収はおよそ240万円~280万円程度となるようです。
平均月給は16万円~22万円、男女比は男性1割に対し女性が9割と、フラワーデザイナーとして活躍している女性が多いことがわかります。
就職先が花屋の場合の年収は、240万円~250万円程度、結婚式場やホテルの場合は260万円程度となっているようです。

また、大手結婚式場やホテルなどでは、年齢に応じて役職手当や昇給などもあるケースがあります。
フラワー業界全体が景気に影響を受けやすいため、他の職種と比べると年収水準が低めとなるようです。

フラワーデザイナーの試験・資格は?

フラワーデザイナーになるために必要な資格はありませんが、国家資格である「フラワー装飾技能士」公益社団法人日本フラワーデザイナー協会の検定試験などがあると就職で有利になります。
また、「カラーコーディネーター検定」などで色の性質や特性を身に付けておくと仕事に役立つでしょう。

フラワーデザイナーの有名人・著名人

フラワーデザイナーの有名人は、東 信さん、ニコライ・バーグマンさん、谷口 敦史さん、清野 光さん、和田 浩一さん、ローラン・ボーニッシュさんなどがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の自然・環境の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.