音楽を演奏するお仕事

音楽を演奏するお仕事の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

音楽を演奏するお仕事を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「音楽、舞台・演劇・舞踊学」などの学科を卒業
Step.3
プロダクション、レコード会社、演奏者の派遣会社などに就職

音楽を演奏するお仕事を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
44 ~ 50

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

音楽を演奏するお仕事ってどんな仕事?

音楽を演奏するお仕事はさまざまあり、関連する職業として、歌手、ミュージシャン、声楽家、邦楽家、指揮者、楽器演奏家、ベーシスト、ブライダルプレーヤー、ピアニスト、パーカッショニスト、トランペッター、ドラマー、スタジオミュージシャン、シンガーソングライター、サックスプレイヤー、サウンドエンジニア、コレペティトゥア、コーラス、クラブDJ、クラシック演奏家、ギタリスト、キーボーディスト、オーケストラ団員などがあります。

おすすめの大学(学部)

音楽、舞台・演劇・舞踊学 …など

音楽を演奏するお仕事につくためには、専門学校や大学で上記のような学科で学ぶことがおすすめです。

音楽を演奏するお仕事の給料・年収は?

音楽を演奏するお仕事のうち、例えば世界規模で活躍する一流ピアニストであれば、年収が数千万円という人もいる一方、年収が100万円を下回る金額という人も少なくありません。

音楽大学卒業後の駆け出しの頃は、ピアニストとしての収入はほとんどなく、アルバイトで生計を立てていたという人もたくさんいます。

このように、他にも、有名なソリストや指揮者であれば年収1000万円以上ということもありますが、一般的なオーケストラ楽員の場合は、低いと年収200万円台ということもあります。このように、収入にかなりの幅がある仕事になります。

音楽を演奏するお仕事の試験・資格は?

音楽を演奏するお仕事に必要な資格は特にありません。
それよりも、楽器の演奏技術が最大のポイントとなり、特に高名な演奏家のもとでの修業実績コンクール入賞歴があると演奏技術の証明になります。

音楽を演奏するお仕事の有名人・著名人

音楽を演奏するお仕事の有名人のうち、指揮者は佐渡裕さん小澤征爾さん、ピアニストは辻井伸行さん、ギタリストは布袋寅泰さんなどがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の音楽・イベントの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.