イベントに出演するお仕事

イベントに出演するお仕事の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

イベントに出演するお仕事を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「日本文学、コミュニケーション学、舞台・演劇・舞踊学」などの学科を卒業
Step.3
派遣会社、イベント企画会社、芸能プロダクションなどに就職

イベントに出演するお仕事を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
44 ~ 66

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

イベントに出演するお仕事ってどんな仕事?

イベントに出演するお仕事の中でもミュージカルダンサーなど、舞台に立つ仕事は、演技・歌・踊りの総合芸術であるミュージカル等の舞台で表現をする仕事です。
演技や歌の総合力があると有利で、多くの人々を共感させ、心を動かせる表現力が求めらます。パフォーマンス力や、演技力を常に磨くことが必要です。

また、ダンスは、言葉を用いずにコミュニケーションをとれる世界共通の手段であるため、さまざまなジャンルのダンスを覚えておくと表現の幅が広がり、海外での活動も視野に入るので有利です。

関連する職業として、ミュージカル俳優、ミュージカルダンサー、フラメンコダンサー、バルーンアーティスト、チアリーダー、ダンスインストラクター、サーカス団員などがあります。

おすすめの大学(学部)

日本文学、コミュニケーション学、舞台・演劇・舞踊学 …など

イベントに出演するお仕事をするためには、専門学校や大学で上記のような学科にて学ぶのがおすすめです。

イベントに出演するお仕事の給料・年収は?

イベントに出演するお仕事のうち、ミュージカルダンサーの収入は月30万円・年収350万円ほどと言われています。
ミュージカルは、1つの舞台に出演する度に出演料が変わり、ミュージカルの人気や観客動員数も関わってくるため、収入が安定しません。
新人のミュージカル役者は収入相場よりもかなり低い収入となります。

イベントに出演するお仕事の試験・資格は?

イベントに出演するお仕事のうち、ミュージカル俳優になるには、特別な資格や学歴は必要ありません。

劇団養成所や劇団に入ることから始まりますが、劇団四季の研究所の合格率は、5%未満といわれているほど、劇団や養成所に入ることもとても難しいです。
養成所や劇団に入れても、実力や運がなければ舞台に立つことができない厳しい世界です。

イベントに出演するお仕事の有名人・著名人

ミュージカル俳優の有名人は、古川雄大さん、山崎育三郎さん、城田優さんなどがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の音楽・イベントの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.