楽器に携わる職業

楽器に携わる職業の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

楽器に携わる職業を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「音楽、文化人類学、工芸学」などの学科を卒業
Step.3
楽器メーカー、楽器店などに就職

楽器に携わる職業を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
50 ~ 52

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

楽器に関するお仕事ってどんな仕事?

楽器に関するお仕事は、さまざまあり、関連する職業として、楽器職人、楽器リペアスタッフ、楽器インストラクター、ピアノ調律師などがあります。

楽器職人は、バイオリンやギターなどを最初から最後まで作り上げる人のことを言います。その楽器の知識とともに音感をしっかり持っていることも欠かせません。

楽器リペアスタッフは、楽器を修理する職人として楽器の素材や微妙な音色の調節なども行う繊細な作業を伴います。楽器職人が兼ねる場合も多いようです。

ピアノ調律師は、家庭や学校に出向いて、ピアノの調律・保守を専門に行う技術者のことを言います。

おすすめの大学(学部)

音楽、文化人類学、工芸学 …など

楽器に関する仕事につくためには、専門学校で専門的な知識を身につけることや、大学で音楽、文化人類学、工芸学を学ぶのがおすすめです。

楽器に関するお仕事の給料・年収は?

楽器に関するお仕事の平均年収は300万円未満~400万円と、やや低い傾向にあるようです。

楽器に関するお仕事の試験・資格は?

楽器リペアスタッフになるには、専門学校などで所定のカリキュラムを修了すると、各楽器メーカーが発行している認定証が交付され、知識と技術の証明になり、就職にも有利になる場合があります。
楽器職人になるには、職人として信頼を得るために専門学校や熟練職人の下で技術を身に付けます。
ピアノ調律師になるには「ピアノ調律技能検定試験」という国家資格を取得する必要があります。グランドピアノの調律やその修理をするための知識と、しっかりとした実技の習得が重要です。

楽器に関するお仕事の有名人・著名人

楽器に関するお仕事で有名人は、一般的にあまり知られないですが業界内では知名度のある人物は多いものと思われます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の音楽・イベントの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.