音楽の編曲に携わる職業

音楽の編曲に携わる職業の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

音楽の編曲に携わる職業を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「音楽、舞台・演劇・舞踊学、画像・音響工学」などの学科を卒業
Step.3
音楽事務所、芸能プロダクションなどに就職
Step.4
必須の資格はないが必要に応じて取得

音楽の編曲に携わる職業を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
44 ~ 45

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

音楽の編曲に関わるお仕事ってどんな仕事?

音楽の編曲に関わる編曲家の仕事は、曲を演奏するときに、どんな楽器を使い、パートごとにどんな演奏をするのかを考える仕事です。

同じ曲でもアレンジの仕方によってイメージがかなり変わるので、曲の印象を決定づけるのは編曲家の腕の見せ所となります。
作曲家が作ったメロディーに前奏や伴奏をつけたり、リズムやコードに変化を加えたりしてアレンジをしていくことをします。作曲家が編曲までを手がける場合も多いです。

おすすめの大学(学部)

音楽、舞台・演劇・舞踊学、画像・音響工学 …など

音楽の編曲に関わる編曲家になるためには、音楽専門の専門学校や大学で、上記のような学科にて学ぶのがおすすめです。

音楽の編曲に関わるお仕事の給料・年収は?

編曲家の収入となるアレンジ料は、1曲あたり2万円~50万円といわれており、曲によって収入に大きな開きがあります。
そのため編曲家の年収は、フリーランスで仕事を得ている人などは特に開きがあり、約200万円~1,000万円ほどになります。

作詞家と作曲家のように、楽曲に対する著作権が発生せず、自身がプロデュースしたとき以外には印税の収入もありません。
編曲を行う場合は、作詞家や作曲家の承諾を得る必要があるなど、編曲家としてだけでは収入は不安定ということがわかります。

音楽の編曲に関わるお仕事の試験・資格は?

編曲家になるための特別な資格はありませんが、音楽に関する豊富な知識や高度な技術が必要になりますので、幅広く楽器知識があることと、様々な楽器の演奏技術を持っていることは必須条件です。

こうしたこともあり、音楽関係の大学などを卒業した後、プロダクションに就職して、音楽プロデューサーや作曲家、演奏家などと兼任しながら編曲も行うといのが編曲家になる一般的なルートだと考えられます。

音楽の編曲に関わるお仕事の有名人・著名人

編曲家の有名人は、サザンオールスターズや藤井フミヤなどの楽曲を手がけたHΛL(梅崎俊春)さん、松田聖子、松任谷由実、吉田拓郎などの楽曲を手がけた武部聡志さんなど多数います。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の音楽・イベントの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.