音楽の裏方

音楽の裏方の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

音楽の裏方を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「舞台・演劇・舞踊学、音楽、教養学」などの学科を卒業
Step.3
イベント制作会社、レーベル、プロダクション、広告代理店などに就職

音楽の裏方を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
52 ~ 68

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

音楽の裏方のお仕事ってどんな仕事?

音楽の裏方のお仕事はさまざまあり、関連する職業として、音楽プロデューサー、編曲家、写譜屋(しゃふや)、作詞家、作曲家、音響設計士、音響エンジニア、音楽評論家、ボーカルインストラクター、インペグ、PAミキサー・PAエンジニア(音響)、ローディー(ミュージシャンアシスタント)、レコーディングプロデューサー、レコーディングディレクター、レコーディングエンジニア(レコーディングミキサー)、ミキサー、マニピュレーター、マスターリングエンジニアなどがあります。

おすすめの大学(学部)

舞台・演劇・舞踊学、音楽、教養学 …など

音楽の裏方のお仕事につくためには、専門学校や大学で、上記のような学科で学ぶのがおすすめです。

音楽の裏方のお仕事の給料・年収は?

音楽の裏方のお仕事のうち、コンサートスタッフエンジニアの場合は年収300~1000万円です。
また、音楽プロデューサーの平均年収はおよそ400~500万円ですが、誰もが知っているヒット曲や有名アーティストを手がける音楽プロデューサーの年収は、最低でも数千万円というケースもあります。

音楽の裏方のお仕事の試験・資格は?

音楽の裏方のお仕事に必要な資格は特にありません。
専門学校や大学などで技術や知識を学び、音楽関係の企業へ就職したり、または作品を音楽プロダクションに応募して認めてもらうことで、プロへの道が開けます。

音楽の裏方のお仕事の有名人・著名人

音楽プロデューサーの有名人としては、小室哲也さん、つんく♂さん、小林武志さん、亀田誠司さん、秋元康さん、作曲家の有名人はヒャダインさんなど、多くの有名人がいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の音楽・イベントの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.