音楽雑誌記者・編集者

音楽雑誌記者・編集者の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

音楽雑誌記者・編集者を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「音楽、語学(日本語)、語学(外国語)、画像・音響工学、教養学、コミュニケーション学、メディア学」などの学科を卒業
Step.3
音楽雑誌関連の出版社、編集プロダクションなどに就職
Step.4
必須の資格はないが必要に応じて取得

音楽雑誌記者・編集者を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
45 ~ 46

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

音楽雑誌記者・編集者ってどんな仕事?

音楽雑誌記者・編集者は、音楽雑誌やWeb媒体などの記事制作、編集に携わる職業です。
主な仕事は、企画に沿ってアーティストや関係者のインタビュー記事を書いたり、新たなアーティストや音楽シーンに関する情報収集を行います。
さらに、記事で扱う新企画や特集、ページ構成を練り上げていくのが編集者の仕事です。

おすすめの大学(学部)

音楽、語学(日本語)、語学(外国語)、画像・音響工学、教養学、コミュニケーション学、メディア学 …など

音楽雑誌記者・編集者になるためには、専門学校や大学で、上記のような学科にて学ぶのがおすすめです。

音楽雑誌記者・編集者の給料・年収は?

音楽雑誌記者・編集者の年収は、出版社に勤める音楽雑誌記者の場合は、平均で665万円、月収で46万円というデータがあります。これは、全国平均と比べてもやや高い傾向になります。

雑誌記者にとしては、大手の出版社と中小企業の出版社ではかなり大きな年収の開きがあると見られるので、中小出版社の場合は、大手の4割から6割程度の年収になると言われています。

音楽雑誌記者・編集者の試験・資格は?

音楽雑誌記者・編集者に必要な資格は特にありません。
大学などを卒業した後、出版社の採用試験に合格して、音楽雑誌に配属されて初めて音楽雑誌記者になることができます。

資格は必要ありませんが、普段から音楽に関する情報を得るようにアンテナを張り、特定の音楽ジャンルについて深く専門的な知識を持っていることや、普段からこまめにライブや演奏会に出かけ、新鮮な音楽情報を入手しておく必要があります。

音楽雑誌記者・編集者の有名人・著名人

音楽雑誌記者・編集者の有名人や著名人は、一般的にあまり知られないですが業界内では知名度のある人物は多いものと思われます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の音楽・イベントの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.