舞台に出演する職業

舞台に出演する職業の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

舞台に出演する職業を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「コミュニケーション学、演劇、語学(日本語)、言語学」などの学科を卒業
Step.3
劇団やプロダクションに所属して活躍

舞台に出演する職業を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
58 ~ 68

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

舞台に出演するお仕事ってどんな仕事?

舞台に出演するお仕事は様々あり、落語家、漫才師、マジシャン、腹話術師、舞妓・芸者、能楽三役(ワキ方・囃子方・狂言方)、日本舞踊家(にほんぶようか)、人形使い、振付師、講談師、劇団員、狂言師、歌舞伎俳優、バレリーナ、バックダンサーなどがいます。

同じ舞台に立つ仲間やスタッフと、一緒に良い作品を作っていくという気持ちとともに、コミュニケーション能力や協調性なども必要になりますし、場合によっては厳しいトレーニングや、ダイエットが必要なこともあります。
作品についての地道な勉強や、身体を張った稽古など、華やかな裏で苦労も多くありますので、舞台への熱い情熱が最も必要とされます。

おすすめの大学(学部)

コミュニケーション学、演劇、語学(日本語)、言語学 …など

舞台に出演するお仕事に就くためには、専門学校や大学で、コミュニケーション学、演劇、語学(日本語)、言語学を学ぶのがおすすめです。

舞台に出演するお仕事の給料・年収は?

舞台に出演するお仕事のうち、舞台俳優を例にあげると、舞台俳優は、1ステージ出るごとに報酬を得ており、作品ごとに異なり、場合によっては1ステージ数千円程度というケースもあります。
第一線で活躍するようになれば、1回あたりの報酬が10万円を超えることもあり、舞台俳優の収入は、実力と比例する面が大きいです。
安定した収入は期待できず、稽古中は給料が出ないため、アルバイトをして生活費を稼いでいる人が多いようです。

舞台に出演するお仕事の試験・資格は?

舞台に出演するお仕事には特別な資格や免許は必要ありません。
「宝塚歌劇団」「劇団四季」には、下部に学校やスクールが併設されていますが、卒業したからと言ってすぐに俳優になれるわけではなく、劇団内外でのオーディションを勝ち抜き、チャンスを得る必要があります。

舞台に出演するお仕事の有名人・著名人

舞台に出演するお仕事で有名な人は、落語家の春風亭昇太さん、漫才師の内海好江さんなどがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の芸能・マスコミの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.