葬儀社

葬儀社の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

葬儀社を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「心理学、総合科学、宗教学」などの学科を卒業
Step.3
葬儀社、葬祭専門事業者、互助会などに就職
Step.4
必須の資格はないが必要に応じて取得

葬儀社を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
44 ~ 63

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

葬儀社ってどんな仕事?

葬儀社は、故人の弔いの儀礼を円滑に進める仕事をします。

個人、警察、病院から訃報を受けてから安置所での準備や祭壇の設営から火葬場、送迎手配、お通夜の信仰など仕事内容は幅広くあり、冷静に対応して他の部署との連携など管理対応能力が必要になります。
葬儀によっては緊急時の深夜対応もあり、休日も不定期になりやすいので日々の体力トレーニングをするのも良いです。
また、宗派により対応も異なるので、専門的な知識も必要になります。

今後の需要もあり求人も多くあり、就職するには専門学校や大学に進学するのがおすすめです。

おすすめの大学(学部)

心理学、総合科学、宗教学 …など

葬儀社の給料・年収は?

葬儀社の給与は、20万円~30万円が多く、事務職から現場職など職場により異なります。
年収だと300万円~500万円が一般的です。

総合的に葬儀社に携わりますので、一通りの仕事を覚える必要があります。

葬儀社の試験・資格は?

葬祭ディレクター技能審査は1、2級があり取得すると知識や技術がありと判断されて、就職で有利になります。
受験資格が、2級は葬祭実務経験を2年以上有する者になります。
1級は葬祭実務経験を5年以上有する者または、2級に合格して2年以上の実務経験を上有する者になるので実務を積みながら受験をします。
認定の専門学校だと実務経験を免除されるので、筆記試験だけの受験になります。

また、仕事による送迎も多いので普通自動車免許は必須になる会社が多いです。

葬儀社の有名人・著名人

葬儀社の有名人や著名人は、一般的にあまり知られないですが業界内では知名度のある人物は多いものと考えられます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の冠婚葬祭の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.