経営コンサルタント・アナリスト

経営コンサルタント・アナリストの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

経営コンサルタント・アナリストを目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「経済学、経営学、商学、ビジネス学、教養学、社会学、経営工学、総合政策学」などの学科を卒業
Step.3
必要に応じて、中小企業診断士や経営士の資格を取得
Step.4
経営コンサルタント会社に就職、または個人で事務所を開設

経営コンサルタント・アナリストを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
53 ~ 66

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

経営コンサルタント・アナリストってどんな仕事?

経営コンサルタント・アナリストは、企業の経営に関してアドバイスをする仕事です
経営をサポートして業績の分析や改善点の調査など専門的な知識が必要になります。

依頼主が納得できる具体的な解決策を提示する必要があるので、正しく聞き取り理解する能力があると良いです。
積極的に提案していけるようにいろいろな知識を身につけられるように最新のニュースを見たり、新聞を読むのも良いです。

おすすめの大学

経済学、経営学、商学、ビジネス学、教養学、社会学、経営工学、総合政策学 …など

経営学、経営学、商学を学べる学校に進学して、経営コンサルタント会社に就職したり、個人で事務所を構えて働く方法があります。
求められる能力も高いので、学力には力を入れるのが良いです。

経営コンサルタント・アナリストの給料・年収は?

初任給は、およそ30万円です。
平均年収は、500万円~2,000万円です。
企業や経験年数によりかなりの差があります。役職ごとに給与が変わり、外資系だとさらに高くなります。
アナリスト、コンサルタント、マネージャー、パートナーの順に役職があります。

経営コンサルタント・アナリストの試験・資格は?

中小企業診断士経営士の資格があると良いです。
難易度が高い資格なので取得が難しいと経営コンサルタント・アナリストになるのは難しいです。
ほかにも経営に関する資格があると就職に有利になります。

経営コンサルタント・アナリストの有名人・著名人

経営コンサルタント・アナリストの有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが業界内で知名度のある人物は多いかと存じます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の経営・ビジネスの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.