消費生活アドバイザー

消費生活アドバイザーの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

消費生活アドバイザーを目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「教養学、総合政策学、社会学」などの学科を卒業
Step.3
消費生活アドバイザー資格試験に合格
Step.4
消費生活センターの相談員、中央官庁の消費者相談室、企業の商品テスト・検査などの部門、マーケティング調査の仕事などで活躍

消費生活アドバイザーを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
44 ~ 54

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

消費生活アドバイザーってどんな仕事?

消費生活アドバイザーが活躍する場として、消費者相談業務があげられます。
企業であればお客様相談室やエンドユーザー向けの営業・販売部門、行政であれば消費生活センターの相談員や中央官庁の消費者相談室で活躍しています。

他には、商品テストや検査などの部門やマーケティング調査の仕事でもニーズはあります。幅広い分野で社会貢献を果たす役割を担っています。
消費者と企業や行政機関をつなぐかけ橋として、消費者の声を企業活動や行政に反映させたり、企業や行政機関の消費者相談部門で、消費者からの相談に対して適切なアドバイスを行ったり、商品開発・企画時の重要な助言役や、正しい消費生活に関する出張講座を行ったりする役目を果たしています。

おすすめの大学(学部)

教養学、総合政策学、社会学 …など

消費生活アドバイザーになるためには、専門学校や大学で、教養学、総合政策学、社会学を学ぶのがおすすめです。

消費生活アドバイザーの給料・年収は?

消費生活アドバイザーの平均年収は年収150万円未満が約半数で、行政の消費生活相談員の収入は低く、ほとんどが非常勤職員のようです。
フルタイム勤務の人もいますが、週数回のパートタイムが多く、契約が1年単位や、3~4年で雇い止めになるケースも少なくありません。
企業でも派遣や契約社員、アルバイト待遇という場合が多いです。

消費生活アドバイザーの試験・資格は?

消費生活アドバイザー資格試験に合格しなければなりません。
合格すれば、消費者安全法で定める国家資格「消費生活相談員資格」を同時に取得することができます。

消費生活アドバイザーの有名人・著名人

消費生活アドバイザーの有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物は多いようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の経営・ビジネスの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.