警備員・ボディーガード

警備員・ボディーガードの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

警備員・ボディーガードを目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「社会学、地域社会、コミュニケーション学」などの学科を卒業
Step.3
警備会社などに就職
Step.4
必要に応じて警備員指導教育責任者の資格や、各種検定を取得

警備員・ボディーガードを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
45 ~ 59

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

警備員・ボディーガードってどんな仕事?

警備員・ボディーガードとは、その名の通り『人の身体を危険から守る』という職業です。

一般的な警備員のお仕事には交通整理や建物の警備などがありますが、ボディーガードは身辺警護や要人警護などの警備業務に携わる人のことで、警視庁に所属する「SP(セキュリティポリス)」も広く捉えればボディーガードと言えるでしょう。

ボディーガードになるための方法は、公務員試験を受け、警察官や皇宮警護官から経験を積み、SPなどの警護業務担当になる方法と、民間の警備会社に所属し、研修などを経てボディーガードになる方法があります。
どちらの場合も、警護業務には、専門的な教育と訓練、資格やスキルが必要とされるため、すぐにボディーガードになれるわけではありません。

まずは、建物やイベント会場などの警備業務などから始めてボディーガードになる人が多いようです。
実力をつけ、重要な警護を任されるようになることもありますし、フリーランスになってお客さまと直接契約を結んだりして活躍する人もいます。

おすすめの大学(学部)

社会学、地域社会、コミュニケーション学 …など

警備員・ボディーガードになるためには、専門学校や大学で、社会学、地域社会、コミュニケーション学を学ぶのがおすすめです。

警備員・ボディーガードの給料・年収は?

警備員・ボディーガードの平均年収は、30代で600万円~800万円程度、20代の収入の推定額は約25万円ほどと、一般的なサラリーマンよりは高めの設定になります。これは、身体を張った危険な仕事であることも要因の一つです。

公務員であれば、警察官としての俸給表に沿った額が年収になり、公務員と同じく年齢が上がり、勤続年数が長くなるほど収入も増えていきます。

警備員・ボディーガードの試験・資格は?

警備員・ボディーガードに必要な資格の中には、「警備員指導教育責任者」というものがあり、この資格を取得することで、ボディーガードとして指導や教育することができるようになり、独立や管理職を目指す人にとっても有利な資格です。

警護車両の運転をすることもあるので、運転免許は必須ですし、武道の経験や、英会話などの語学力があるとなお良いです。

警備員・ボディーガードの有名人・著名人

警備員・ボディーガードの有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物は多いようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の経営・ビジネスの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.