不動産業

不動産業の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

不動産業を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「法学、経済学、金融学」などの学科を卒業
Step.3
不動産管理業、不動産金融業、不動産仲介業、住宅ハウスメーカーなどに就職
Step.4
必要に応じて「宅地建物取引士」「不動産コンサルティング技能士」「FP(ファイナンシャルプランナー)」などの資格を取得

不動産業を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
42 ~ 68

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

不動産業ってどんな仕事?

不動産業は、大きく分けて以下の3種類の仕事があります。

  1. 不動産開発
  2. 不動産流通
  3. 不動産管理

これらの業務は就職先によって違いがあります。

  • ハウスメーカーや不動産デベロッパー
    不動産開発
  • 販売会社や不動産仲介会社
    不動産を販売・流通
  • 不動産オーナーや管理会社
    不動産の管理

ほかにも関連する職業として、米国不動産鑑定士、不動産企画開発、不動産鑑定士、土地家屋調査士、宅地建物取引士、ハウジングアドバイザー、マンション管理士、マンションリフォームマネジャーなどがあります。

不動産業を営むためには、専門学校や大学で、法学、経済学、金融学を学ぶのがおすすめです。

おすすめの大学(学部)

法学、経済学、金融学 …など

尚、千葉県にある明海大学では「不動産学部」が存在します。

土地や建物は豊かな暮らしや活力あるビジネスを実現するための舞台です。
不動産学は住宅・マンション・オフィスビル・ショップ・土地の利用など、私たちの生活環境すべてを総合的に考えます。
これからの住まいや街は、経済学、法学や工学といった今まで個別に研究されてきた学問だけでは実現できません。
不動産学として総合的に学ぶことで、実社会で役立つ知識・スキルが身につきます。欧米諸国で盛んな不動産学を学べるのは日本で唯一、明海大学だけです。

不動産業の給料・年収は?

不動産業界の平均年収は、不動産管理業で約418万円、不動産金融業では約486万円、不動産仲介業では約400万円、住宅ハウスメーカーで約428万円となっていて、全体では平均約400万円~500万円となっています。

不動産の営業職は、売り上げによって年収が変わる歩合制を取り入れているケースも多く、ほぼ基本給のみという人から1000万円以上の収入があるという人まで、かなり差があることもあるようです。
しかしながら、大手不動産開発会社勤務の会社員の平均年収になると約1200万程度とされており、かなりの高額になります。

不動産業の試験・資格は?

不動産業界で働くことを考える上でおすすめの資格は、「宅地建物取引士」「不動産コンサルティング技能士」「FP(ファイナンシャルプランナー)」「司法書士」「任意売却取扱主任者(任売マイスター)」「マンション管理士」などがあります。

不動産業の有名人・著名人

不動産業を営み、家賃収入を得ている有名人ですが、芸能界では、タレントの壇蜜さんや、お笑い芸人のコウメ太夫さん天野ひろゆきさんなど、数多くの有名人がいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の経営・ビジネスの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.