インフルエンサー

インフルエンサーの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

インフルエンサーを目指すための主な進路

インフルエンサー
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「情報学、コミュニケーション学」などの学科を卒業
Step.3
プロダクションに登録、または個人で活動

インフルエンサーを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
44 ~ 60

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

インフルエンサーってどんな仕事?

インフルエンサーの広義は「世間への影響力が強い人」を指しますが、どのくらいのフォロワー数からインフルエンサーと言えるのかは厳密に決まっているわけではありません。
芸能人やスポーツ選手など知名度が高い人物であれば、SNSを使って発信した時点でインフルエンサーになりますが、昨今ではさまざまなSNSツールを利用して一般人のインフルエンサーも増えています。

よく活用されるSNSツールには、Twitter・Instagram・Youtubeなどがあり、情報を発信する中でファン(フォロワー)を増やしていきます。
トップのインフルエンサーになるとフォロワー数が100万人を超える人も存在します。

インフルエンサーは一瞬のうちに何万人もの人に情報を伝えることができるため、その発信力・拡散力を活用して企業が自社の製品をPR・ブランディングすることも一般的になってきました。
そのため、情報を発信することがビジネスとなり、インフルエンサーがひとつの職業として数えられる時代となりました。

今ではインフルエンサーを育成したり、人員として抱えるプロダクションなどもあり、インターネット上でのマーケティングとしてインフルエンサーを活用するビジネスが確立されています。

しかしながら、インフルエンサーはあくまで「世間への影響力が強い人」を指し、ビジネスを目的としていないインフルエンサーも多いため、商品のPRなどの依頼を受け付けていない場合もあります。

インフルエンサーになるためには

必ずしも大学や専門学校に通わずになれる場合もありますが、情報力やコミュニケーション能力など必要となる知識は幅広くあるため、以下のような大学に通って学ぶことがオススメです。

おすすめの大学

情報学、コミュニケーション学 …など

また、発信する情報によっては専門的な知識が求められるため、美容・経済・工芸など、それぞれに合った大学を選ぶと良いでしょう。

インフルエンサーの給料・年収は?

インフルエンサーが企業からPR投稿などを依頼される場合、報酬金額にはバラつきがあるため、収入に関しては厳密にいくらとは言えません。
一例として、商品のPR投稿1回につき3万円~5万円など、これらを毎月どのくらい受注するかによって収入が変わります。

こういったお仕事の依頼は、個人であれば利用するSNSのダイレクトメッセージで受注するのが一般的ですが、企業の専属インフルエンサーなどであれば月給制の場合もあります。

インフルエンサーの試験・資格は?

インフルエンサーになるための特別な資格や検定などはありません。
ただし、扱う情報によっては専門的な知識が必要な場合があるため、資格や検定があると説得力が上がることでしょう。

インフルエンサーの有名人・著名人

SNSの枠を飛び越えてテレビやCMなどにも出演するなど活動の幅が広がっていきます。
megbabyさん、山本ゆりさん、はじめしゃちょーさん、Mariさん、KAIさん、など他にもたくさんの有名インフルエンサーが存在します。
前述した通り、ビジネスを目的としていないインフルエンサーも多いため、必ずしも有名なインフルエンサーがPR投稿などで報酬を得ているとは言えません。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の経営・ビジネスの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.