店舗開発・店舗プロデューサー

店舗開発・店舗プロデューサーの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

店舗開発・店舗プロデューサーを目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「経営学、商学、ビジネス学」などの学科を卒業
Step.3
店舗プロデュース会社、経営コンサルティング会社、設計事務所などに就職
Step.4
必要に応じて商業施設士などの資格を取得

店舗開発・店舗プロデューサーを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
43 ~ 59

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

店舗開発・店舗プロデューサーってどんな仕事?

店舗開発・店舗プロデューサーは、物件探しから店舗デザインまで、店舗開店をトータルでサポートする仕事です。
用地の選定・交渉から店舗オープンまで、それぞれの物事がスムーズに進むよう、コントロールするための調整力が求められます。

店舗のトータルプロデュースをするために、マーケティング知識や営業力なども不可欠です。予算作成や資金調達など金銭面の管理を担う場合もあり、責任感の大きな仕事です。

おすすめの大学(学部)

経営学、商学、ビジネス学 …など

店舗開発・店舗プロデューサーになるためには、専門学校や、商学部、経営学部がある大学で、経営学、商学、ビジネス学を学ぶのがおすすめです。

店舗開発・店舗プロデューサーの給料・年収は?

店舗開発・店舗プロデューサーの平均年収は440万円ほどといわれています。上場企業などでは年収600万円以上となるケースも珍しくありません。

ある程度の長期間にわたって店舗開発にあたる必要があるため、正社員の場合がほとんどで、アルバイトで採用されることはありません。
外食産業の仕事といっても、キッチンやホールといった現場の仕事と比較すると、給与や待遇が良いのが特徴ですが、専門性のある職業として高いパフォーマンスが求められるということでもあります。

店舗開発・店舗プロデューサーの試験・資格は?

店舗開発・店舗プロデューサーになるためには、希望する設計事務所やデザイン事務所などの採用試験を受け、正社員となった後に、店舗開発や店舗プロデュースの担当に就く方法があります。
「商業施設士」の資格を持っていると、装飾デザインやディスプレイの設計など、商業施設の店舗開発やコンサルティングに生かすことができます。

店舗開発・店舗プロデューサーの有名人・著名人

店舗開発・店舗プロデューサーでの有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物は多いようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の経営・ビジネスの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.