プロゲーマー(eスポーツ プレイヤー)

プロゲーマー(eスポーツ プレイヤー)の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

プロゲーマー(eスポーツ プレイヤー)を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「メディア学、情報学、言語学」などの学科を卒業
Step.3
各種・資格や検定を取得
Step.4
自宅、または企業でプロゲーマーとして活躍

プロゲーマー(eスポーツ プレイヤー)を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
45 ~ 63

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

プロゲーマー(eスポーツ プレイヤー)ってどんな仕事?

eスポーツ(esports)とはエレクトロニック・スポーツの略称で、コンピューターゲームをスポーツ競技として扱い、世界中で巨額の賞金をかけた大会が開かれているゲーム競技です。
レース・アクション・スポーツ等、対戦するゲームのジャンルは様々ですがどれも賞金額の規模が桁違いなため、企業がeスポーツプレイヤーの人材を雇用して大会に挑むなど、今や立派な職業のひとつに数えられます。

おすすめの大学(学部)

メディア学、情報学、言語学 …など

完全個人のeスポーツプレイヤーでもオンライン対戦は避けて通れないため、他のプレイヤーとインカム等を使った会話も求められた際にある程度のコミュニケーション能力が求められます。
さらに、ゲームによっては英語表記や未翻訳の場合もあるため語学力を必要としたり、業界の情報だけに限らず新しいメディア情報を察知する能力なども必要です。

プロゲーマー(eスポーツ プレイヤー)の給料・年収は?

個人から団体、プロからアマチュアまで多くのeスポーツプレイヤーが存在しますが、巨額の賞金を得ることのできるプレイヤーは一握りです。
また、企業に所属するeスポーツプレイヤーは契約条件次第で給与額が異なりますので、一概にeスポーツプレイヤーの給料・年収はいくらとは言えません。

プロゲーマー(eスポーツ プレイヤー)の試験・資格は?

eスポーツプレイヤー、プロゲーマーとしての資格はありませんが、海外製のゲームで未翻訳のものをプレーする場合や、海外での大会に参加する場合に「英語力」が必要になりますので、TOEICやTOEFLの資格を取得しておくと役立ちます。

プロゲーマー(eスポーツ プレイヤー)の有名人・著名人

eスポーツプレイヤー・プロゲーマーとして有名な人物といえば「ときど選手」「ウメハラ(Daigo)選手」「かずのこ選手」などが個人で名を知られています。
また、日清・コカコーラ・パナソニックなどの有名企業も様々なeスポーツ分野に投資をしており、eスポーツプレイヤーを育成する部門を立ち上げる企業なども増えてきています。
これからも益々eスポーツプレイヤー・プロゲーマーとして有名になる人物が登場することでしょう。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他のWeb・ゲームの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.