野生動物調査員

野生動物調査員の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

野生動物調査員を目指すための主な進路

野生動物調査員
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「生物学、畜産、農学、地理学、コミュニケーション学」などの学科を卒業
Step.3
調査会社、コンサルティング会社、行政および特殊法人、NPO法人、NGO法人などに就職

野生動物調査員を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
55 ~ 62

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

野生動物調査員ってどんな仕事?

野生生物調査員は野生生物が生息する環境を守るために、生息状況などを調査し、保全計画を立案・提案する仕事です。

すみかを失った野生生物が人類の環境破壊によっていなくなることで、その生物をエサにしていた生物もいなくなってしまい、捕食されていた生物が異常に繁殖して急増してしまった結果、生態系が壊れてしまうことを防ぎます。そのために、道路や建物を造る前に行われる環境アセスメント(環境影響評価)の際、地域の生物の生息状況を調査し、どのような配慮をすれば環境への影響を小さくできるかを提案します。そのことによって、私たちの身の回りにある「自然」に関するさまざまな課題、すなわち野生動物による農作物への被害、外来生物による在来種減少の脅威、さらには開発による自然の消失などの解決を試みます。

おすすめの大学(学部)

生物学、畜産、農学、地理学、コミュニケーション学 …など

環境問題は近年大きな世界的な問題であり、ますます注目が集まっている仕事です。

野生動物調査員の給料・年収は?

野生生物調査員の平均年収は400万円前後で標準的な額になります。

野生動物調査員の試験・資格は?

野生生物調査員になるためには大学の農学系や畜産系の学部に進み、大学院で環境保全などを専門的に学ぶ必要があります。
また、大学の農学系や畜産系の学部に進み、大学院で環境保全などを学んだり、環境調査会社に就職することもできます。
大学で生態学や獣医学など関連分野を履修し、野外調査の経験があること、統計や解析、レポートにまとめる能力などが求められます。

野生動物調査員の有名人・著名人

野生動物調査員の有名人・著名人は特に知られていないようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の生き物の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.