漁師

漁師の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

漁師を目指すための主な進路

漁師
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「水産学、地理学、観光学、環境学、生物学、生物生産学」などの学科を卒業
Step.3
小型船舶操縦士免許を取得
Step.4
必要に応じて海上特殊無線技士免許、漁業権を取得
Step.5
漁業協同組合か民間の漁業会社に就職

漁師を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
56 ~ 62

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

漁師ってどんな仕事?

漁師の仕事は、川や海などで漁業をし、獲った魚介類を売る職業です。

漁場の違いによって「沿岸漁業」「沖合漁業」「遠洋漁業」と分かれており、魚を捕らえる方法も「底引き漁」「はえ縄漁」「定置網漁」など、さまざまな方法があります。

漁師になるために必要な能力は、気象や魚類の生態に関する知識だけでなく、長時間の船の上での肉体労働に耐える体力も必要となります。
また、漁業をする際には各地にある漁業組合に加盟して「漁業権」を得なければなりません。

おすすめの大学(学部)

水産学、地理学、観光学、環境学、生物学、生物生産学 …など

漁師になるためには、大学や短大、専門学校で水産学、地理学、観光学、環境学、生物学、生物生産学を学ぶのがおすすめです。
関わる職業としては、川漁師、鵜匠(うしょう)などがあります。

漁師の給料・年収は?

漁師の平均年収は200~800万円程度です。
沿岸漁業200~300万円、沖合漁業400~500万円、遠洋漁業600~800万円くらいといわれています。

沿岸漁業は個人や家族で操業するケースがく、年収は200~300万円程度。漁獲量は天候に左右されやすく収入は安定しません。そのため、比較的安定している養殖漁業や飲食店・民宿などとの兼業漁師も増えています。
沖合漁業の漁師の平均年収は400~500万円。沖合漁業の場合は、船員として就職するのが一般的です。

また、遠洋漁業の場合も船員として就職するのが一般的で、年収は600~800万円程度となり、年収は高いですが、拘束時間が長く、年間200日くらいは船上での生活になります。

漁師の試験・資格は?

漁師になるためには、必ず「小型船舶操縦士免許」を取得する必要があります。
さらに「海上特殊無線技士免許」も重要で、海に出てからの無線による情報交換を行います。また、商売として漁業をする場合は「漁業権」を取得する必要があります。

漁師の有名人・著名人

漁師の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物はいらっしゃるかと思われます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の生き物の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.