都道府県・市町村職員

都道府県・市町村職員の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

都道府県・市町村職員を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「地域社会、観光学、政治学、社会福祉、介護学、国際関係学、建築学・意匠、工芸学、環境工学、総合科学」などの学科を卒業
Step.3
都道府県庁、市役所、区役所、町役場や村役場などに就職

都道府県・市町村職員を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
59 ~ 70

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

都道府県・市町村職員ってどんな仕事?

都道府県・市町村職員は、役所や公的機関で働く公務員のことをいいます。
地域に住む住民が快適に暮らせるよう、住民の台帳や税金を管理したり、建物や公園を造ったり、地域の法律である条令を制定したりするのが主な仕事です。

具体的には次のような担当に分かれます。

  • 一般行政
  • 社会福祉
  • 土木・建築
  • 機械・電気設備の管理
  • 公害の監視・環境衛生

地域によっては、農林畜産分野の担当もあります。

おすすめの大学(学部)

地域社会、観光学、政治学、社会福祉、介護学、国際関係学、建築学・意匠、工芸学、環境工学、総合科学 …など

都道府県・市町村職員になるためには、大学や短期大学で、上記のような学科にて学ぶのがおすすめです。

都道府県・市町村職員の給料・年収は?

都道府県・市町村職員の年収は、地方によってまちまちですが、平均年収は600万円程度で民間企業の平均年収よりも高い傾向にあります。
2019年度の平均年収1位は浦安市と厚木市の765万円でした。

都道府県・市町村職員の試験・資格は?

都道府県・市町村職員になるために必要な資格はとくにありませんが、いずれも地方公務員にあたるため、各自治体の職員採用試験に合格する必要があります。
試験では教養を問われる試験があるため、まんべんなく様々な分野の知識があることが必要です。

また、事務職以外の技術職につくためには、大学などで学んだ専門分野を生かすことができるため、特定の分野での専門性が問われます。

都道府県・市町村職員の有名人・著名人

都道府県・市町村職員を経て、選挙に当選して自治体の首長になった有名人としては、北海道知事の鈴木直道さんなどがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の公務員の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.