科学捜査研究員

科学捜査研究員の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

科学捜査研究員を目指すための主な進路

科学捜査研究員
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「物理学、薬学、教育学、生物学、心理学」などの学科を卒業
Step.3
法医、化学いずれかの分野で必要な知識を得る
Step.4
警視庁などに就職

科学捜査研究員を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
53 ~ 70

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

科学捜査研究員ってどんな仕事?

科学捜査研究員は科捜研(かそうけん)とも呼ばれ、警視庁や道府県警察本部に置かれている犯罪科学に関わる研究機関で働く研究員です。
科捜研には、生物学、医学、化学など、専門性の異なる各部門が配置されています。

研究室には以下のようなものがあります。

  • 生物第四研究室
    犯罪捜査の鑑定・検査のためのDNA個人識別法などを実施している
  • 物理研究室
    画像解析技術などの研究開発を展開している
  • 化学第四研究室
    土砂、植物の鑑定法を研究している
  • 化学第五研究室
    有害性ガスや化学兵器、異臭事案などの鑑定・検査を推進している

法科学に関する総合的な知見を深めたい人には最適な研究職といえるでしょう。

おすすめの大学(学部)

物理学、薬学、教育学、生物学、心理学 …など

科学捜査研究員になるためには、大学や短大で上記のような学科にてを学ぶのがおすすめです。

科学捜査研究員の給料・年収は?

科学捜査研究員の平均年収はおよそ550万円~600万円のようです。
初任給は約20万円となっています。

科学捜査研究員の試験・資格は?

科学捜査研究員になるには、科学、物理、法医学、心理学などさまざまな分野の専門知識が必要です。
科学捜査研究所員の採用枠は、法医と化学の分野に分かれており、法医学や心理学、物理学など大学院に進み、より深く専門分野を研究することが就職できるために必須となります。

法医であれば、大学の理学部・教育学部・薬学部・農学部で生化学、または分子生物学などの学科を、化学であれば、大学の化学科・薬学科・化学工学科などを卒業している必要があります。

採用枠がとても少なく、競争率は高いことが考えられますので、難関大学卒でなければ難しいと言われており、さらには大学院へ進学して修士、博士の称号があるとなお有利でしょう。

科学捜査研究員の有名人・著名人

科学捜査研究員の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物は多いようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の公務員の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.