入国審査官

入国審査官の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

入国審査官を目指すための主な進路

入国審査官
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「語学(外国語)、法学、国際文化学」などの学科を卒業
Step.3
国家公務員試験に合格
Step.4
各地方入国管理局の面接を経て、入国管理局職員として採用
Step.5
法務事務官として働き、勤務経験を重ねる
Step.6
入国審査官として入国管理局や支局、出張所、入管管理センターなどで勤務

入国審査官を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
52 ~ 65

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

入国審査官ってどんな仕事?

入国審査官の仕事は、空港や港湾の出入国審査の窓口で、そこを出入りする人をチェックすることです。
偽造パスポートを見破り、手配中の犯罪者を摘発し、不法入国を未然に防ぐのが重要な業務となり、何気ないやりとりのようですが、そこには鋭い洞察力が必要となります。
多くの外国人と接する機会があるため、語学力はもちろん、国際感覚を備えた対話力が求められます。

また、入国審査の迅速化が国の課題となっているため、スピーディーで正確に事務作業を処理できる能力や、違反審査などで取り締まりを実施するため、公平に物事を判断できる判断力があることが望まれます。

おすすめの大学(学部)

語学(外国語)、法学、国際文化学 …など

入国審査官になるためには、大学や短大で語学(外国語)、法学、国際文化学を学ぶのがおすすめです。
ほかに関連する職業として、入国警備官があります。

入国審査官の給料・年収は?

入国審査官の平均年収は、入国審査官の年収の平均は590万円~670万円程度です。
また、大卒一般職での東京都特別区内勤務の入国審査官の初任給は約22万円となっています。

入国審査官の試験・資格は?

入国審査官になるためには、まずは国家公務員試験に合格しなければなりません。
その後、各地方入国管理局の面接を経て、入国管理局職員として採用されますが、はじめは法務事務官として働き、勤務経験を重ねると入国審査官になることができます。

外国人との関わりが多い仕事のため、語学力は重要で、就職前に英語のほか、中国語などの語学も身に付けておくことが望ましいとされています。
そのほか、国際法、難民認定法などの知識も必要となります。

入国審査官の有名人・著名人

入国審査官としての有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物は多いようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の公務員の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.