保護観察官

保護観察官の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

保護観察官を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「心理学、教育学、社会学、社会福祉」などの学科を卒業
Step.3
法務省専門職員(人間科学)採用試験(保護観察官区分)、又は国家公務員採用総合職か一般職試験に合格する
Step.4
地方更生保護委員会や保護観察所に就職

保護観察官を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
45 ~ 68

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

保護観察官ってどんな仕事?

保護観察官は、非行や犯罪をした人を社会復帰して生活させるように指導や援助をする仕事です。

  • 地方更生保護委員会に配属された場合
    少年院や刑事施設から仮釈放するときに必要な調査をします。
  • 保護観察所に配属された場合
    橋正施設から出所したあとの住居や就職先を探したりします。

いずれの場合も、指導する力、刑事、司法に関する知識の他に、心理学や教育学などの知識を要します。
再犯防止できるようにサポートをしたり、冷静な判断で状況に応じた対応ができる必要があります。

おすすめの大学

心理学、教育学、社会学、社会福祉 …など

上記のような大学の学科に進学して、法務省専門職員(人間科学)採用試験(保護観察官区分)、又は国家公務員採用総合職か一般職試験に合格する必要があります。採用試験に合格できるような学力をつけて試験に挑みましょう。

その後任命されてから2年間研修を行い、基本的な実務指導をして保護観察官になれます。

保護観察官の給料・年収は?

初任給は、およそ21万円です。
勤務する職種で若干変わりますが、公務員のため賃金が定められています。
賞与や昇給、手当も付くので安定した収入が得られます。

保護観察官の試験・資格は?

保護観察官になるには国家公務員試験に合格する必要があります。特別な資格などはありません。
採用試験には以下の4種類があります。

  1. 総合職試験
  2. 法務省専門職員(人間科学)採用試験
  3. 一般職試験
  4. 保護観察官選考採用

上記のいずれかに合格する必要があります。

また、基礎能力試験、専門試験、人物試験や身体検査もあります。
公務員試験に向けて早めの学習準備をするのが良いです。

保護観察官の有名人・著名人

保護観察官の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが業界内で知名度のある人物は多いかと存じます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の公務員の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.