お茶に携わる職業

お茶に携わる職業の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

お茶に携わる職業を目指すための主な進路

お茶に携わる職業
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「コミュニケーション学、美術、教養学」などの学科を卒業
Step.3
茶道の家元、茶道教室、お茶の販売店、メーカーなどに就職

お茶に携わる職業を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
42 ~ 53

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

お茶のお仕事ってどんな仕事?

お茶のお仕事の中でも、茶道家とは、茶道教室やカルチャースクールなどで、お茶によって客人をもてなすたしなみや、茶道の心を教える人のことを言います。
表千家、裏千家などの数多くの流派があり、各流派によって作法や立ち居振る舞いが異なります。
各流派の家元に弟子入りして師範の免状を取得することで、自分で教室を開くこともできるようになります。
茶道家は、日本の伝統文化への理解や造詣の深さ、茶を通して季節を表現できる繊細な技術や感性が求められ、自分の教室を開く場合には、茶道の技術だけでなく、指導力も必要となります。

おすすめの大学(学部)

コミュニケーション学、美術、教養学 …など

お茶のお仕事につくためには、大学や短大、専門学校で、コミュニケーション学、美術、教養学を学ぶのがおすすめです。
関わる職業としては、茶道家、中国茶ライフスタイリストなどがあります。

お茶のお仕事の給料・年収は?

お茶のお仕事のうち、茶道家(家元)の月収は、20代では(20代で家元になることはほぼありませんが)20万円~24万円程度、30代の月収は60万円~70万程度、40代の月収は100万円~1,200万円程度となり、上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
700万円~1億円を超えるケースもあるようです。また年収が低くとも、多くは代々の資産家である場合がほとんどなようです。

お茶のお仕事の試験・資格は?

茶道には、さまざまな流派が存在します。その中の一つ、裏千家において、茶道の「資格」初級、中級、上級、講師、専任講師、助教授に分かれています。
それぞれの「資格」を得るためには、資格に見合ったお点前を習得することになります。

お茶のお仕事の有名人・著名人

茶道家の有名人は、田中麗奈さん、ルー大柴さん、高城剛さんなどがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の食・栄養の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.