食品衛生監視員

食品衛生監視員の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

食品衛生監視員を目指すための主な進路

食品衛生監視員
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「医学、歯学、薬学、獣医学、畜産学、水産学、農芸化学」などの学科を卒業
Step.3
養成施設の所定の課程を修めるか、所定の免許を所持するか、大学の指定の学科を修めるか、栄養士あるいは食品衛生業務に2年以上従事する
Step.4
保健所、主要港の検疫所、地方自治体などに就職

食品衛生監視員を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
55 ~ 72

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

食品衛生監視員ってどんな仕事?

食品衛生監視員は、主に食品衛生法などの法令に基づいて食の安全と安心を守る仕事に就く人です。
保健所がある自治体には、食品衛生監視員を置かなければならないことになっています。
海外から輸入した食品をチェックしたり、飲食店に正しい食品の扱い方を指導したりと、様々な検査と指導を通して、人々が口にする食べ物の安全を守っています。

食品衛生監視員は、国家公務員か地方公務員に分けられ、主に国家公務員は空港や港などの検疫所で働いています。
輸入食品由来の感染症や、食中毒の危険性がある汚染食品の流通を防ぐことがその役割です。
地方公務員は、自治体の保健所に勤務し、地域の飲食店での食品衛生などを監視します。

ほかには、厚生労働省や都道府県庁、さらに卸売市場の検査所など様々な活躍の場があります。

おすすめの大学(学部)

医学、歯学、薬学、獣医学、畜産学、水産学、農芸化学 …など

食品衛生監視員になるためには、大学で、上記のような学科にて学ぶのがおすすめです。

食品衛生監視員の給料・年収は?

食品衛生監視員の平均年収は、平均年収は760万円程度であるようです。行政職国家公務員の平均年収は720万円程度なので、食品衛生監視員の方が40万円ほど高くなっています
公務員で、食の安全にかかわる責任の大きい仕事というだけあって、平均年収は高めに設定されているようです。

食品衛生監視員の試験・資格は?

食品衛生監視員になるためには、以下のうちいずれか1つ満たす必要があります。

  • 食品衛生監視員を養成する施設にて所定の課程を修めていること
  • 医師、歯科医師、薬剤師、獣医師のいずれかであること
  • 大学または専門学校にて医学、歯学、薬学、獣医学、畜産学、水産学、農芸化学のいずれかの課程を修めていること
  • 栄養士であり、食品衛生行政に2年以上従事した経験を持っていること

ただし、実際に働くにあたっては、食品衛生監視員の資格以外に、公務員試験に合格して公務員になること、厚生労働大臣・都道府県知事のどちらかから任命を受ける必要があります。

食品衛生監視員の有名人・著名人

食品衛生監視員の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物はいらっしゃるかと思われます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の食・栄養の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.