お酒に携わる職業

お酒に携わる職業の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

お酒に携わる職業を目指すための主な進路

お酒に携わる職業
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「醸造科、農学、農業工学、農芸化学」などの学科を卒業
Step.3
飲食店などに就職
Step.4
必要に応じて「日本ソムリエ協会」や、「全日本ソムリエ連盟 (ANSA)」などを取得

お酒に携わる職業を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
54 ~ 60

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

お酒のお仕事ってどんな仕事?

お酒のお仕事の中でも、お酒を造る醸造家とは、微生物の発酵作用を応用して、酒や食品を造る人のことを言います。ワイン、ビール、清酒、しょうゆ、みそ、みりん、チーズなど、その種類はさまざまで、醸造に用いる酵素やこうじの種類や技術もさまざまです。生物学や化学の知識を学び、酒造メーカーや食品メーカー、ワイナリー、ブルワリーなどに就職して経験を積んでいきます。またソムリエは、お酒やワインの知識を豊富に持ち、その食事にふさわしいお酒を提供する仕事をする人を指します。

おすすめの大学(学部)

醸造科、農学、農業工学、農芸化学 …など

お酒のお仕事につくためには、大学や短大、専門学校で、上記のような学科に通って学ぶのがおすすめです。
関わる職業としては、杜氏(とうじ)、利き酒師、醸造家、バーテンダー、ソムリエなどがあります。

お酒のお仕事の給料・年収は?

お酒のお仕事のうち、ソムリエの仕事の平均年収は380万円程度、日本の平均年収と比較すると低い傾向にあるようです。全体の給与幅としては242~572万円と比較的広く、務先や経験・求められるスキルによっても大きな差があると思われます。
また、バーテンダーの収入は、公的の正確なデータはありませんが、宿泊・飲食業界の収入相場と同じくらいとすれば、年収は約364万円程度と考えられます。大手飲食系企業もあれば個人経営のお店もるため、給与体系などは一律ではありませんし、独立をして経営者となる方法もあります。自分で店舗や会社を経営する場合は、この給与よりも大きく幅が広がると考えられます。

お酒のお仕事の試験・資格は?

日本でソムリエになるためには、必ずしも免許や資格が必要なわけではありません。勤めているレストランなどでソムリエの仕事を任せられた時点で、すでに立派なソムリエといえます。実際ソムリエになる人の多くは、大学や短大、調理師学校などの専門学校で学んだ後、飲食店へ就職して実務経験を積みながら資格取得を目指します。主な資格としては「日本ソムリエ協会」や、「全日本ソムリエ連盟 (ANSA)」が認定する資格があります。

お酒のお仕事の有名人・著名人

ソムリエの有名人は、田崎 真也(たさき しんや)さん、勝山 研二(かつやま けんじ)さん、石田 博(いしだ ひろし)さんなどがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の食・栄養の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.