作業環境測定士

作業環境測定士の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

作業環境測定士を目指すための主な進路

作業環境測定士
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「地理学、化学、応用理学、環境学、環境情報学、農学、農業工学、農業経済学、林学、林産学、農芸化学」などの学科を卒業
Step.3
環境測量会社や作業環境改善指導会社などに就職
Step.4
1年以上の労働衛生実務経験を経て、作業環境測定士試験に合格
Step.5
作業環境測定士として現場で活躍

作業環境測定士を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
47 ~ 61

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

作業環境測定士ってどんな仕事?

作業環境測定士は、労働環境の有害な因子を測定する仕事です。
労働者の健康を守ることが目的で、粉じんや化学物質、電磁波、放射線などの有害な因子を測定します。

測定の結果により管理区分が異なりますが、データ収集や数値分析などを行い、有害物質に対しての専門知識も必要になります。
有害な物質を見極める力も必要で、迅速で正確に作業を行い、さまざまな情報をもとにして分析もしていきます。

おすすめの大学(学部)

地理学、化学、応用理学、環境学、環境情報学、農学、農業工学、農業経済学、林学、林産学、農芸化学 …など

作業環境測定士になるには地理学、化学、応用理学、環境学などを学べる学校に進学して環境測量会社や作業環境改善指導会社に就職後、国家資格を取得する必要があります。
労働衛生実務経験が1年以上で国家資格の作業環境測定士試験に合格して、講習を修了すると資格が交付されます。

作業環境測定士の給料・年収は?

初任給は、20万円です。平均年収は、300万円~600万円です。
作業環境測定士の資格などがあれば給与も高くなります。仕事が多くあるので、安定した収入が得られます。

作業環境測定士の試験・資格は?

作業環境測定士は、すべての作業ができる1種一部の作業ができる2種に分かれています。
合格率も高いのでしっかりと勉強すると取得できます。労働衛生や作業環境などが出題されます。

受講すると科目免除や一部資格を保有していると試験免除もあります。
仕事では車で移動するのが多いので、普通自動車運転免許もあると良いです。
業務によっては、ほかにも必要な資格があります。

作業環境測定士の有名人・著名人

作業環境測定士の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが業界内で知名度のある人物は多いかと存じます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の自然・環境の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.