ライフセーバー

ライフセーバーの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

ライフセーバーを目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「医学、看護学、スポーツ学」などの学科を卒業
Step.3
NPO法人日本ライフセービング協会や、日本赤十字社が開催する講習を受講
Step.4
ライフセーバー団体、監視員を募集している企業などに就職

ライフセーバーを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
48 ~ 51

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

ライフセーバーってどんな仕事?

ライフセーバーの仕事は、海やプールなど水辺での事故を防ぐため、周辺の監視や指導、また、おぼれた人の救助などを行う仕事です。

事故が起こった時に救助にむかい、必要に応じて人工呼吸や心臓マッサージなどの心肺蘇生をします。そのため、人命を守るための十分な知識とスキルが求められる仕事です。
ライフセーバーの中には、週末だけのボランティアや、大学生のアルバイト、またはライフセービングのプロとして活動している人など、さまざまな働き方があります。

おすすめの大学(学部)

医学、看護学、スポーツ学 …など

ライフセーバーになるためには、上記のような学科のある大学に進学されると良いでしょう。

ライフセーバーの給料・年収は?

ライフセーバーの平均年収は約200~250万円ほどです。
アルバイトでの平均時給は約800円~1500円程度となっています。

ライフセーバーの試験・資格は?

ライフセーバーとしての公的資格は現在の日本にはありません。

しかしながら、実際に人命救助や事故防止のための活動を行うには、一定以上の距離を泳げることはもちろん、海に関する知識や、人命救助の方法パトロールの手順などさまざまな知識が必要です。

日本ライフセービング協会(JLA)では、ライフセーバーの認定制度を実施しており、「ウォーターセーフティー」「BLS」「ベーシックサーフライフセーバー」「アドバンスサーフライフセーバー」「プールライフガード」「アドバンスプールライフガード」など多様な資格があります。

ライフセーバーの有名人・著名人

ライフセーバーの有名人は、プロライフセーバーとして活躍中の飯沼誠司さんがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の医療・福祉の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.