歯科衛生士

歯科衛生士の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

歯科衛生士を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「医学、医療技術学、保健衛生学」などの学科を卒業
Step.3
各種・資格や検定を取得
Step.4
歯科医院、病院歯科、保健所などに就職

歯科衛生士を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
51 ~ 56

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

歯科衛生士ってどんな仕事?

歯科衛生士の仕事は、歯科疾患の予防や口腔衛生の向上のために、歯や口腔の健康づくりをサポートする専門職です。
女性の職業というイメージが強いですが、近年では男性の歯科衛生士も少しずつ増えてきています

具体的には、歯科診療の補助をしたり、歯や口腔疾患の予防と改善のための医療行為をすることができます。
患者さんの口腔内に直接触れる医療行為をおこなうことができるのも歯科衛生士です。

▼夢を叶えた!歯科衛生士篇【夢・仕事・愛顔(えがお)】〈2018.7.13放送〉

歯科衛生士になるためには、医療系の医学部・歯学部のある大学で、以下のような学科に通って学ぶのがおすすめです。

おすすめの大学(学部)

医学、医療技術学、保健衛生学 …など

歯科衛生士の活動の場としては、歯科診療所や大学病院の歯科などが一般的ですが、最近では市町村の保険センターや幼稚園・保育園、教育機関、老人介護施設、療育センター、企業の医務室などで、歯や口腔全体を通じた健康づくりの活動を行うことも多くなっています。

歯科衛生士の給料・年収は?

歯科衛生士の平均年収は300万円~400万円程度です。
勤続年数やスキルが上がるにつれて昇給するケースが一般的ですが、ほぼ年収500万円程度で頭打ちになり、それ以上を得られる人は少ないようです。

女性の割合が多い職業ということもあり、正社員以外に、アルバイト・パートや派遣社員、フリーランスなど、様々な雇用形態で働く人が多いです。

歯科衛生士の試験・資格は?

歯科衛生士の仕事につくには、高校を卒業後、専門学校、短期大学、大学などの歯科衛生士の養成校で専門教育を受け、国家試験に合格する必要があります。
平成16年に養成学校の教育内容が改定され、修業年限が最短3年以上と延長されることになりました。

歯科衛生士の有名人・著名人

歯科衛生士の有名人は、一般的にあまり知られないですが業界内では知名度のある人物は多いものと思われます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の医療・福祉の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.