点字・手話通訳士

点字・手話通訳士の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

点字・手話通訳士を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「語学(日本語)、言語学、心理学、福祉学、介護福祉、社会福祉、コミュニケーション学」などの学科を卒業
Step.3
各種・資格や検定を取得
Step.4
自治体などの行政機関、福祉関連の施設などに就職

点字・手話通訳士を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
43 ~ 45

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

点字・手話通訳士ってどんな仕事?

点字・手話通訳士のお仕事はそれぞれ以下のような違いがあります。

  • 点字通訳者
    視力障害のため本の文字が読めない人のために書物や文献を点字にするお仕事です
  • 手話通訳士
    聴覚障がい者と健聴者とのコミュニケーションを円滑にすすめるためのお仕事です

点字・手話通訳士になるためには、文学部、心理学部、福祉学部などがある大学で、以下のような学科にて学ぶのがおすすめです。

https://www.youtube.com/watch?v=YagUrNXD8qM
おすすめの大学(学部)

語学(日本語)、言語学、心理学、福祉学、介護福祉、社会福祉、コミュニケーション学 …など

いずれの通訳士も、話し手(書き手)の言語を尊重して、障がいについて理解する姿勢が必要です。さらに高い国語力と幅広い知識も必要となります。

点字・手話通訳士の給料・年収は?

点字・手話通訳士のみで生計を立てている人は、現在日本にわずか数十人程度ほどしかいないと言われています。
多くの人は、ボランティアとして活動するか、福祉関連の施設で「手話通訳ができる職員」として働く人が多いようです。

常勤でない場合は時給制が基本となりますが、常勤の職員としての平均給与は、点字通訳士が約289万円手話通訳士が約250万円~325万円となっているようです。

点字・手話通訳士の試験・資格は?

手話通訳自体は、資格は必要ありませんが、年1回実施される「手話通訳技能認定試験」に合格し、登録した人だけ「手話通訳士」と名乗ることがでます。
関連する資格として、他にも「手話奉仕員」「手話通訳者」の資格があります。

点字通訳には資格は特に必要はありませんが、日本盲人社会福祉施設協議会内の検定試験を受け点字技能師になることもあります。

点字・手話通訳士の有名人・著名人

点字・手話通訳士の有名人は、一般的にあまり知られないですが業界内では知名度のある人物は多いものと思われます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の医療・福祉の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.