医療技術

医療技術の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

医療技術を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「医療技術学」などの学科を卒業
Step.3
各種・資格や検定を取得
Step.4
医療施設や医療機器メーカーに就職

医療技術を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
47 ~ 60

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

医療技術ってどんな仕事?

医療技術の仕事は、さまざまな専門分野の医療従事者が連携して治療にあたる「チーム医療」という考え方がもとになって生まれた医療技術者のことを指します。
具体的には診療放射線技師、解剖技術者、義肢装具士、歯科技工士などがいます。

医療技術の高度化が進み、診断や治療は複雑かつ専門的になった現代において、従来は医師が行っていた検査や医療行為を、専門知識を有する技術者が行うことが一般的になっています。

おすすめの大学(学部)

医療技術学 …など

医療技術の仕事に就くためには、医学部のある大学で、医療技術学、保健衛生学などを学ぶ必要があります。

▼医療技術学部診療放射線学科(帝京大学)

医療技術の給料・年収は?

医療技術の平均年収は、例えば診療放射線技師の平均年収は507万円となります。
放射線技師の年収の多くは350万円~550万円ほどで、管理職になるともう少し多く、年収500万円~700万円ほどになります。

女性の場合は、出産・育児などのライフイベントを迎えると、日勤のみで時間の融通も効くパートやアルバイトなどの非常勤で働き活躍する人が多いです。

医療技術の試験・資格は?

医療技術に必要な資格ですが、例えば診療放射線技師になるためには、専門の大学や専門学校で3年以上学び、国家試験に合格することが必要です。
近年は、乳がん検診やマンモグラフィ検査などの、女性に対する検査ニーズの増加から女性技師への需要が高まっています。

また、歯科技工士になる場合は、歯科技工士養成所で学びその後、国家試験に合格することが必要となります。

医療技術の有名人・著名人

医療技術の仕事の有名人は、一般的にあまり知られないですが業界内では知名度のある人物は多いものと思われます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の医療・福祉の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.