貿易事務

貿易事務の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

貿易事務を目指すための主な進路

貿易事務
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「国際関係学、国際貿易学、文化人類学、比較文化学、語学(外国語)」などの学科を卒業
Step.3
必要に応じて「TOEIC」「日商ビジネス英語」「通関士」などの資格を取得
Step.4
商社、通関業者、NVOCC・フォワーダー、船会社・航空会社などに就職

貿易事務を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
49 ~ 58

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

貿易事務ってどんな仕事?

貿易事務の仕事は、海外から製品を輸入する際や海外へ輸出する際に生じる様々な事務手続きを行う人のことです。
専門的な事務処理の知識や、海外とのやりとりがあるため、語学力が必要とされることも多いです。
社内の人に限らず、担当業務によっては社外関係者への連絡や調整などの業務も行う場合があるため、コミュニケーション能力も必要です。

おすすめの大学

国際関係学、国際貿易学、文化人類学、比較文化学、語学(外国語) …など

貿易事務の仕事に就くためには、大学や短大、専門学校にて、上記のような学科に通って学ぶのがおすすめです。
関わる職業として、国際秘書などがあります。

貿易事務の給料・年収は?

貿易事務の経験者の平均年収は、一般的な事務職と比較すると高くなることが多いようです。というのも、貿易事務は、輸出入業務規則・専門用語への理解が要求される専門性の高い職種だからです。
貿易事務の一般的な年収は約400万円~約450万円程度となっており、国内の全産業の平均年収442万円に近い年収になっています。
貿易事務の管理職に昇格すると手当が加算されて500万円を超えるケースがあるようです。

貿易事務の試験・資格は?

貿易事務になるためには、特に必須の資格はありませんが、最低限英語の書類を扱えるレベルの英語力が必要です。
英語に関する資格では、特に「TOEIC」が重要。貿易書類に関する問題が出題範囲となっている「日商ビジネス英語」も取得しておくと役に立つでしょう。
PCスキルは日々の実務を行う上で必要になります。
「通関士」は、必要性は低いものの、付加価値がとても高くキャリアアップに役立つ資格といえます。

貿易事務の有名人・著名人

貿易事務の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物は多いようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の国際・語学の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.