国際会議コーディネーター

国際会議コーディネーターの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

国際会議コーディネーターを目指すための主な進路

国際会議コーディネーター
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「コミュニケーション学、ビジネス学、語学(外国語)」などの学科を卒業
Step.3
必要に応じて外国語の検定や資格を取得
Step.4
海外と関わるイベント会社、スポーツ会社、派遣会社などに就職

国際会議コーディネーターを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
45 ~ 59

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

国際会議コーディネーターってどんな仕事?

国際会議は、自治体、大学、企業などが開催するフォーラムやシンポジウム、コンペティション、学会など、複数の国から代表者が集って開催される会議です。

国際会議コーディネーターは、そのような催しを国内で円滑に開催するために、主催者から依頼を受けて誘致から運営までのサポートを行っています。具体的には、開催日や期間、会場の確保、予算管理、企画・進行、参加者へのアポイントメントといった業務をこなすため、そこで働くコーディネーターには、チームワークで業務を進める協調性と、一定の英語能力が求められます。

おすすめの大学

コミュニケーション学、ビジネス学、語学(外国語) …など

国際会議コーディネーターになるためには、大学や短大、専門学校にて、コミュニケーション学、ビジネス学、語学(外国語)を学ぶのがおすすめです。

国際会議コーディネーターの給料・年収は?

国際会議コーディネーターの平均年収は、転職サイトなどの情報をもとに推測すると、およそ340万円以上となるようです。
国際会議をコーディネートする企業への就職が一般的であるため、正社員での勤務であれば、日本の平均的なサラリーマンの年収程度と考えられます。
 

国際会議コーディネーターの試験・資格は?

国際会議コーディネーターになるために特別な資格は必要ありませんが、英語をはじめとする外国語能力は活かすことができる場が多くありビジネスレベルの英語力は必要と考えていいでしょう。
一般的なオフィス業務がこなせるスキルがあること、社会人としてのマナーと一般常識があることに加え、どんな事態にも対応できる瞬発力と度胸、チームワークで業務を進める協調性も必要となります。

国際会議コーディネーターの有名人・著名人

国際会議コーディネーターの有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物は多いようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の国際・語学の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.