服飾系職人に携わる職業

服飾系職人に携わる職業の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

服飾系職人に携わる職業を目指すための主な進路

服飾系職人に携わる職業
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「家政学、機械工学、金属工学、デザイン」などの学科を卒業
Step.3
職人のもとに弟子入りをする
Step.4
職人として独り立ちする

服飾系職人に携わる職業を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
47 ~ 55

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

服飾系職人のお仕事ってどんな仕事?

服飾系職人とは細部までにこだわりを見せ、高い縫製技術で世界にひとつだけの洋服を作り上げるお仕事です。

ファッションデザイナーやパタンナー、和裁士など幅広く服飾系の仕事が含まれます。

おすすめの大学(学部)

家政学、機械工学、金属工学、デザイン …など

服飾系職人のお仕事の給料・年収は?

服飾系職人全体の平均年収は不明ですが、ファッションデザイナーの平均年収は企業に勤める場合、300~400万円程度になります。

服飾系職人のお仕事の試験・資格は?

服飾系職人になるために必須の資格はありませんが、弟子入りが基本です。

現在では徒弟制度をとっている職人も減少しているものの、地方の工場では弟子を取っている職人が存在します。

弟子入りを志願する人の多くは将来的に独立し店を構えることを目標に服作りをいちから学びます。

徒弟制度をとる職人はその人でしかできない特殊技術を持っていたり、強いこだわりを持っていることが多いため、弟子入りによって得るものは計り知れません。

ただし、はじめから難度の高い技術を教えてもらえるわけではありません。
基礎的な技術のほかに、接客や掃除などの雑用を任されることがほとんどのようです。

こうした現状から、最近では徒弟制度に代わり、ものづくり系の大学に進学する人も増えてきています。

各組合や業界がバックアップをしてくれるため、卒業する頃には立派な職人になれるでしょう。

また、デザイナーやパタンナーを目指している人もある程度服飾に関する知識が必要なので、専門学校などで専門知識を身につける必要があります。

服飾系職人のお仕事の有名人・著名人

服飾系職人の有名人・著名人は特に知られていないようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の服飾・裁縫の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.